ペット保険のご紹介
    ペット保険を比較・検討してみよう

 よいもん屋  ペット保険比較検討してみよう

サイトマップ

 ペット保険を比較・検討してみよう

 イザというときのペット保険・・・

   動物病院のお世話になったとき、
   場合によっては高額医療費を必要とすることも・・・

   ペット保険は今や必要不可欠なものとなりつつあります。

   守ってあげられるのは飼い主さんだけ・・・




 日本国内 主なペット保険 9 社 ( ※ 記載順に特に意味はありません )
保険
商品名
どうぶつ健保
ふぁみりぃ
アクサダイレクトの
ペット保険
ペット保険
「うちの子」
The ペット保険
PRISM
会社名 アニコム損害保険
(株)
アクサ損害保険(株) アイペット損害保険
(株)
日本アニマル倶楽部
(株)
保険種別 損害保険 損害保険 損害保険 少額短期保険
保険対象
ペット
犬、猫、鳥、うさぎ、
フェレット
犬・猫 犬、猫 犬、猫、小動物、
鳥類、爬虫類
ペット
対象年齢
犬・猫は10歳11ヶ月まで

鳥、うさぎ、フェレットは7歳11ヶ月まで

※ 継続は、20歳11ヶ月まで可能

↓ 2010年10月1日〜
終身継続となりました

− お知らせ −

2012年5月26日以降90%補償の受付終了(事実上の廃止)それまで加入は可能ですが継続時に70%または50%に変更となります。
 
生後90日齢以上、
満14歳未満

※ 原則、自動継続で継続契約始期日の時点でペットの年齢が満13歳まで継続可能
 
年齢制限なし
(新規は12歳まで)


− お知らせ −

2012年3月30日をもちまして損害保険業免許を取得し、少額短期保険業者から損害保険会社となりました。
犬・猫(生後60日以上〜新規は最大12歳未満まで)

小動物・鳥類・爬虫類(生後30日以上〜新規は最大15歳未満まで)

【詳細はお客様コールセンターまでお問合せ下さい。0120-715-641(受付時間:平日9時〜17時)】
補償内容

%は
治療費の補償割合
50%
※ 1回の支払限度額および限度日数(回数)の範囲内

↓ 2010年10月1日〜
通院・入院の限度日数(回数)が無制限、
90%、70%、50%それぞれ1回の治療費支払限度額あり、手術は2回/年(従来通り)
70%、50% 70%、50% 保障限度日額まで治療費の実費をお支払い
保険金
請求方法
対応病院では窓口精算が可能。

それ以外は保険金請求書類を送付し、保険金を請求
保険金請求書類を送付し、保険金を請求
(同じケガ・疾病で複数回、同じ動物病院で治療を受ける場合、まとめて請求可能)
対応病院では窓口精算が可能。

それ以外は保険金請求書類を送付し、保険金を請求
保険金請求書類を送付し、保険金を請求
加入時
検診
不要
(告知書の提出が必要)
不要
(満9歳以上は所定の健康診断が必要)

−加入必要条件−

犬の狂犬病ワクチン :お申込日から過去1年以内の接種が必要
(生後5ヶ月未満の場合は未接種でも保険期間中の接種を条件に加入可能)

猫の混合ワクチン : マイクロチップが装着されている場合を除き、接種済みであることが必要
不要
(過去半年以内に特定疾病になっていないこと/自己申告)
告知書のみ
(一定年齢以上の犬・猫は告知書と健康診断が必要)
主な特徴
全国すべての動物病院での診療費が対象

マイクロチップ、多頭、継続割引制度あり

ペット賠償責任特約をご用意

↓ 2010年10月1日〜
入・通院1日、手術1回当たりの支払限度額
● 90%補償
 入・通院 ¥18,000
 手術 ¥180,000

● 70%補償
 入・通院 ¥14,000
 手術 ¥140,000
● 50%補償
 入・通院 ¥10,000
 手術 ¥100,000

※ 各補償額により、掛け金も異なります

 

全国すべての動物病院での診療費が対象

治療回数や治療費上限の制限なし
(合計が年間補償限度額内)


プラン70の場合、年間70万円まで補償
プラン50の場合、年間50万円まで補償

賠償責任危険補償特約は両プランとも
1,000万円まで

インターネット契約成立3,000円割引あり

マイクロチップ割引あり

1日わずか95円で治療費70%補償

保険証を精算時に提出すれば、その場で自己負担のみのお支払い
(対応動物病院の場合)。

ペット保険賠償責任危険担保特約

↓ 2010年2月23日〜
「うちの子Light」登場
● 月々¥890〜(1歳・web割引適用時)
● 手術費用90%補償
● 手術入院10日間補償、1回当たり(2回/年)¥500,000まで補償

多頭、無事故継続、インターネット申込み、などの割引あり

全6種類のプラン
グリーンプラン
オレンジプラン
ブループラン
入院・手術プラン
プラチナプラン
シルバープラン

各プランの保険料は年齢に関わらず一定

入院、通院、最大60日まで保障

終身更新可能
(犬・猫の場合)

お得な保険料割引(ネット割引、福祉割引、多頭割引)あり


保険
商品名
ペット保険
げんきナンバーわん
PS保険
(ピーエス保険)
もっとぎゅっと
新・ペット保険
フリーペット保険
会社名 ペット&ファミリー
少額短期保険(株)
ペットメディカル
サポート(株)
もっとぎゅっと
少額短期保険(株)
(株)FPC
保険種別 少額短期保険 少額短期保険 少額短期保険 少額短期保険
保険対象
ペット
犬・猫 犬・猫 犬・猫 犬・猫
ペット
対象年齢
生後45日以上、
満10歳以下
(オンライン契約は満7歳以下)
生後120日以上、8歳11ヶ月まで
(大型犬については5歳11ヶ月)

※ 継続可能年齢は継続契約の補償開始日時点で18歳11カ月まで
0歳〜8歳(9歳未満) 生後30日以上8歳(9歳未満)まで
補償内容 70%、50% 100%、70%、50% 90%、70%、50% 50%
保険金
請求方法
保険金請求書類を送付し、保険金を請求 保険金請求書類を送付し、保険金を請求 保険金請求書類を送付し、保険金を請求 保険金請求書類を送付し、保険金を請求
加入時
検診
不要
(満6歳以上は健康診断が必要)
不要 不要
(加入時に告知書の記入が必要)
不要
(加入時に告知書の記入が必要)
主な特徴
プラン70の場合、年間70万円まで補償

継続して終身加入が可能

業界最低水準の保険料

健康診断不要の簡単申込

インターネット申し込みでお得な保険料
 

全国の動物病院での治療費が対象

お得な保険料割引(ネット割引、マイクロチップ割引、多頭割引、無事故割引)あり
 

犬も猫も一律料金
0〜4歳(5歳未満)
¥16,950/年間
5〜10歳(11歳未満)
¥25,500/年間


通院・限度
¥12,500/1日
年間30日まで

入院・限度
¥125,000/1入院
年間3入院まで

手術・限度
¥100,000/1回
年間1回まで

全国の動物病院での治療費が対象


保険
商品名
ペット医療保険
ペット傷害保険
     
会社名 ペッツベスト
少額短期保険(株)
     
保険種別 少額短期保険      
保険対象
ペット
犬・猫      
ペット
対象年齢
0歳〜16歳11カ月まで加入可能      
補償内容 ペット医療保険 80%
→ 2 コースあり
ペット損害保険 80%
     
保険金
請求方法
保険金請求書類を送付し、保険金を請求
保険金の請求には所定の保険金請求書と動物病院の領収証原本が必要)
     
加入時
検診
不要

※ 書面での申し込みや年齢により健康診断書が必要になる場合があります
     
主な特徴
ペット医療保険
● ファーストプラン
→ 年間100万円まで
補償
1回の事故(傷病)最高補償50万円まで
免責金額 7,500円

● ベーシックプラン
→ 年間50万円まで
補償
1回の事故(傷病)最高補償25万円まで
免責金額 2万円

ペット障害保険
● アクシデントプラン
→ 年間50万円まで
補償
1回の事故(障害)最高補償25万円まで
免責金額 7,500円

補償する保険金額
支払い保険金 =
(治療費 − 免責金額) × 80%

 
     

※ 記載している補償内容等につきましては、変更点などを随時取り入れるようにしておりますが
   各保険の最新内容を保証するものではございませんことをご承知願います。

   最新の補償内容や保険の掛け金などはお取り寄せ戴いたパンフレットや資料、各保険のWebサイトで
   よく確認してから比較・検討しましょう。

   気になる保険料(掛け金)は犬種、年齢、体重など諸条件により各社異なります。


  【 少額短期保険会社について 】

   少額で短期の保険を扱う保険業者です。
   監督官庁は金融庁であり、情報開示、募集規制、責任準備金、検査・監督等の
   「責任」の範囲も損害保険会社と同じです。
   「対象顧客」も不特定でよく、「その他事業」として「他保険会社商品の代理代行業務」
   も認められており、以上の点では損害保険会社も少額短期保険会社も変わりはありません。

   損害保険会社と異なる点

    「参入条件」が「登録制」となっている
     ( 損害保険会社は「免許制」 )

    「最低資本金」が1,000万円となっている
     ( 損害保険会社は10億円 )

    「取扱商品」が「少額、短期、掛捨てに限定」され、
     かつ「保険期間は2年以内で保険金額は1,000万円以内」
     ( 損害保険会社は「取扱商品」の限定無し )

    少額短期保険は、保険業法で規定されている保険契約者保護機構の
     補償対象契約には該当しない。
     そのため、万が一、保険会社の経営が破綻した場合、
     保険契約者保護機構が行う資金援助の措置はありません。

   ペット保険の場合、現在のところ損害保険会社はアニコム損害保険(株) と
   アクサ損害保険(株)、アイペット損害保険(株)の 3 社 となっています。

   現状では、参入しやすい少額短期保険のペット保険のほうが多数です。


 こちらから ペット保険の資料請求やWebから加入の申込みが行えます


 【 お役立ち情報 】 アニコムグループの家庭どうぶつ白書

家庭どうぶつの、今・・・がわかる白書

  ● 家庭どうぶつと家族
  ● どうぶつ医療を取り巻く環境
  ● どうぶつの疾病統計
  などをテーマにしたデータが示されています。

家庭どうぶつ達の今が数字や統計を通して
見えてきます。

ぜひ、訪問されてみてください。
白書はPDF形式のファイルにて開示されています。

※ PDFファイルを見る(印刷)ソフトはこちらから無料で入手できます →