犬 ペット用品 よいもん屋 犬のバッチフラワーレメディ

  犬の豆知識 犬のバッチフラワーレメディ
 よいもん屋  バッチフラワーレメディ

 犬のバッチフラワーレメディ

 レメディは心(メンタル面)に働きかけるホリスティックケア

バッチフラワーレメディは、イギリスのエドワード・バッチ博士が心のバランスを取り戻す療法
として1936年に完成させたものです。

エドワード・バッチ博士は細菌学者・病理学者・ホメオパシー医という肩書きを持ち、
心のバランスを欠くことは病気の原因であり、そのバランスを取り戻すことにより健康になる
という考えから生まれたとのことです。

アロマセラピー(アロマテラピー)同様に人間のために生み出された療法ですが、
現在は犬や猫、馬といった様々な動物にも用いられるようになりました。

バッチフラワーレメディとアロマセラピー、どちらも植物のエッセンスを使用することから
混同してしまいがちですが、根本的に違うものとのことです。

アロマセラピーとの違いとバッチフラワーレメディの特徴について
アロマセラピー バッチフラワーレメディの特徴

植物のエッセンスをオイル(精油)化した
もので化学的成分で出来ている。


エッセンシャルオイルの香りとオイル自体
を他のものに混ぜて使用し、その効果を
体に働きかける。

どちらかというと薬に近いもので、
使用量や配合など、その使用には
十分に気を付ける必要がある。



   香りとオイル自体が体に働きかけるアロマ

花を、水に浮かべて太陽に当てる、
あるいは、お湯で煮る、などの方法で
作られ、化学的成分は無いという。

花のエッセンスを直接、体内に取り込む
(服用する)ことにより、その効果を心
(メンタル・精神面)に働きかける。

副作用もなく、無害・・・といわれており
病気を患っていても、妊娠していても、
そして、他の薬を服用しているときでも、
バッチフラワーレメディを併用することに
問題はないといわれています。

また、エッセンスを間違って選んでも効果が
ないだけで、悪い作用も習慣性や依存性も
なく気楽に安心して試すことができると
いわれています。


    花のエッセンスを直接、体内に取り込み心に働きかけるレメディ

注 :上記のレメディの特徴については
   一般的にいわれていることを参考に
   引用したものです。
   あくまで一般論として捉えてください
   ますようお願い申し上げます。


 レメディ・・・心の癒しへの効果

バッチフラワーレメディは、心への働きかけです・・・
使用するには、まず、愛犬をよく観察して感情(状態)を読み取ることから始まります。
その様子から効果が期待できる、と思うレメディを選んであげます。

オーナーさん自身の心のケアも大事・・・
もし、愛犬が病気になり、その様子を見てオーナーさん自身が不安な気持ちを抱くと
愛犬にも、その不安な気持ちが伝わってしまうと言われます。
犬はオーナーさんや相手の感情を敏感に察知できる動物と言われます

ですので、そんな時は、病気の愛犬にレメディを飲ませると同時にオーナーさん自身も
レメディを飲むことでオーナーさんと愛犬の心のバランスを保つことが期待できると言います
・・・オーナーさんの心が安定していれば、病気の愛犬にとっても心の薬となります。

また、愛犬を失ってペットロスとなったときオーナーさんはもとより、多頭飼いでしたら
仲間を失い残された犬も悲しみや寂しい気持ちを抱いていることでしょう・・・
そのようなときもオーナーさん自身がレメディを飲み、残された犬にも飲ませることで、
心の癒しを手助けするものとしてレメディは役に立つことでしょう。


 レメディ・・・エッセンスの選び方は?

犬の様子や状態をよく観察し、現状から判断して選びます・・・
ちょっと判りにくい説明かもしれませんが、結果を先に求める選び方ではありません、
言い方を変えると・・・このエッセンスはこのような効果が期待できそうだから、
これを試してみようではありません・・・

今、愛犬は、こんな状態だから、このエッセンスだったら効果が期待できるかも・・・
という選び方
をします。 (もちろん、人でも同じです)

レメディは心(メンタル面)に働きかけるものですから、犬の感情や精神の状態に
応じて選ぶものという考え方です。

ネガティブな心の状態から安定したよい方向へ精神を導くことが目的のレメディです。

その状態を38種類に分類しています。
その38種類に分類された精神状態の中から、今の愛犬の状態がこの精神状態に
一番近いと感じたものを選んで、そのエッセンスを利用することになります。

選ぶコツは、段階的に次のような整理の仕方をしてみましょう
   今、見られる状態を簡単な言葉で表現してみる(置き換えてみる)・・・
   今の生活にもっとも影響を及ぼしていると思われる状態を優先的に絞る・・・
   その状態がいつから始まったのか(最近なのか、昔からなのか)整理してみる・・・
   そのような状態となっている明確な原因があるのか、
    ただなんとなくそんな状態になっているのか見極める・・・

これらを整理していくことにより選ぶレメディも絞られてきます。
あまり難しく考えずに表面的な感情からとらえて選ぶようにしましょう。

レメディの指標にある状態と必ず一致するとは限りません・・・
指標の状態に近いものが複数あるのでしたら、それらのレメディを配合して利用するのも
ひとつの方法です。

これはマニュアルに書かれている通りにやればよいという考えではなく、
大事なのは、オーナーさんのフィーリング(心で感じた犬の状態)であり、
日頃から愛犬をシッカリと観察することが何よりも大切なことを意味します。


 レメディ・・・与え方は?

エッセンスを直接与えたり、数種類を混ぜて与えることもできます。

混ぜて与える場合は、配合用の瓶、トリートメントボトルと呼ばれる30ミリリットルの
光を遮る遮光瓶(市販されています)を利用すると便利です。

レメディは7種類までは、配合して使用することができると言われています。レメディは7種類までは配合して使用することができる

飲ませ方のポイント

   食事に混ぜる
   おやつに垂らす
   飲み水に入れる
   犬の口周りや前足に垂らして、舐めさせる

  など、他にも犬が飲みやすい方法を工夫してあげましょう。

飲ませる量のポイント

   一日16滴が目安
   量は体の大きさに関係なく同じ
    (チワワでもセントバーナードでも一日16滴を目安とします)
   飲み水に入れる場合は、飲み残しのことを考え少し多めに入れる
   食事に混ぜる場合は 、朝ごはんに8滴、晩ごはんに8滴など

  ※ 滴量については参考図書記載によるものですが、市販されているレメディの
    その商品説明とは違う場合もあります・・・16滴はあくまで目安ですので、
    使用する際はそのレメディの商品説明を参考にご自分の判断で加減されてください。

    個人的には、16滴前後を目安と考えて調整するように受けとめています。

    レメディは薬ではありません・・・一般的には過剰摂取による害もなく、安心できる
    ものと考えますが、無駄に量を増やしてもメリットはなく不経済に消費するだけです。


  体の大きさに関係なく一定量を与えるのがポイントですので、混ぜるものや
  垂らすものなどを工夫して上手に飲ませましょう。

38種類+レスキューのバッチフラワーレメディと対応する心(精神)の状態
No レメディ 連想キーワード 人間の状態 犬(動物)の状態
1 アグリモニー カラ元気
悩み
 明るく何事もないように振舞っているけれど、内心は悩みがあって大変な時に。  人なつっこく、陽気で明るく、ひょうきんだけど、苦しんでいるときも、それを見せないペットに。
2 アスペン 不安
心配性
 自分でも原因が分からない漠然とした不安や恐れを感じる時に。  特に原因がないのに、不安げで落ち着きのない様子を見せる時に。
3 ビーチ 面倒
偏見
 人の長所が見えにくく、つい批判的になってしまう時に。  いやな事はやらなかったり、合わない人・状況・仲間を受け入れなかったり、嫌ったりする時に。
4 セントーリー 気弱
従順
 人を喜ばせようとしすぎたり、ノーと言えず、人の言いなりになってしまう時に。  おとなしくやさしく従順で、自分の意志を主張できず、周りに支配されてしまう時に。
5 セラトー 内気
依存
 自分の意見や判断に自信が持てず、人の意見を聞きたがったり、振り回されたりする時に。  自発的に行動せず、飼い主や親の指示を待っているような傾向がある時に。
6 チェリープラム 暴力
爆発
 自分をコントロールできないように感じて、何かをしでかしてしまうのではないかと不安を感じる時に。  コントロールを失って、自傷行為に走ったり、暴れたりする時に。
7 チェスト
ナットバッド
失敗
注意力散漫
集中力欠如
 そそっかしいミスや、同じようなことを何度も繰り返し、望まないパターンからなかなか抜けられない時に。  なかなかしつけられなかったり、覚えようとせず、同じ失敗を繰り返す時に。
8 チコリー 独占欲
依存症
 豊かな愛情で、愛する人を独占したり、干渉したいと思う、わがままな気持ちに。  甘えん坊で、いつも飼い主や、特定の者に、べったりと独占したがる時に。
9 クレマチス 空想
現実離れ
 現実よりも夢や空想の世界に浸っていたり、ぼーっとして地に足が着かない状態の時に。  現実よりも夢の世界に生きているような感じで、ボーっとしたり、終始眠たげな状態に。
10 クラブアップル 潔癖性
神経質
 潔癖症で些細なことが気になったり、自分自身を好きになれない時に。自分を浄化したい気分の時に。  過剰なまでに清潔さを求めたり、潔癖症になる時に。
11 エルム 過剰
多忙
 仕事の量や責任の重圧で、自信喪失して、普段のようにこなせないと感じる時に。  子育てや自分に与えられた仕事のプレッシャーとボリュームに押しつぶされそうな時に。
12 ゲンチアナ ショック
悲観
 何かの出来事に落胆し、気持ちが動揺している時に。可能性を信じられず、すぐにくじけやすい人に。  はっきりした理由があって落ち込んだり、元気を無くしている時に。
13 ゴース 自信喪失
絶望
 希望が持てず、どうせなにをしても無駄だと諦めきっている状態の時に。  ふさぎこんで、元気がなく、あきらめきって意気消沈しているように見える時に。
14

ヘザー

孤独
寂しがり屋
 一人でいるのが淋しく、話相手を求めるけれど、気持ちや話題が自分のことばかりに集中してしまう時に。  誰彼かまわず、周りの注意を引こうとし、独りぼっちを恐れる寂しがりやに。
15 ホリー 嫌悪感
猜疑心
 人が信じられず、疑ったり、うらやんだり、憎んだり、怒って攻撃してしまうような感情に苦しむ時に。  周囲への嫌悪感や、猜疑心、やきもちなどから、攻撃的な態度をとる時に。
16 ハニーサックル 物思い
執着
後悔
 過去の思い出に浸って懐かしんだり、後悔したり。なかなか現在を生きられず、気持ちが後ろ向きな時に。  前の飼い主、前の家、前の小屋など、過去のことを懐かしんで思い出に浸っている時に。
17 ホーンビーム 倦怠
気力喪失
気疲れ
 やる気が起きず、精神的な倦怠感を感じる時に。  体は疲れていないはずなのに、やる気を見せず、だるそうな時に。
18 インパチエンス 短気
せっかち
我慢
 イライラして焦ったり、緊張が高まっている時に。気が短く早くしないと気が済まず、忍耐強さと落ち着きが欲しい人に。  せっかちで、早く早くと周りをせかしたり、性急にいらいらしているような時に。
19 ラーチ 自信喪失
コンプレックス
 自分が出来ないのではないかと自信を失っている時に。つい他の人と比べてコンプレックスを感じてしまう人に。  自信がなく、本当はやりたいことも、びくびくして、二の足を踏みがちな時に。
20 ミムラス 臆病
恐がり
不安
 何が怖いかはっきりしている恐れや不安を感じる時に。内気で小心な自分に勇気をもたらしたい時に。  怖がりで臆病だったり、特定の物事や人を怖がる時に。
21 マスタード 憂鬱
鬱状態
 理由が見当たらないのに気持ちが晴れず、悲しく憂鬱な気分に落ち込む時に。  理由が見当たらないのに、元気や食欲がなく、憂鬱な様子を見せている時に。
22 オーク 無茶
頑張り屋
 消耗して限界が来ていても、我慢強くとことん頑張りつづけ、自分自身を無視してしまいがちな人に。  どんなに疲れていても、頑張ろうとして、限界を超えて、無理をしてしまう時に。
23 オリーブ 疲労困憊
消耗
 心身とともに疲れていて、自分の中のエネルギーが枯渇していると感じる時に。  病気や、過労のときなど、心身ともに疲労困憊している時に。
24 パイン 罪悪感
罪の意識
 自分を必要以上に責めて、罪悪感を感じてしまう時に。  罪悪感を感じ、自分を責めて元気をなくしている時に。
25 レッド
チェストナット
心配性
不安
 愛する人に心をくだき、相手の安全や問題について心配しすぎて、気持ちが離れられない時に。  子供の事を心配したり、自分の家族の安全について過度の不安を見せる時に。
26 ロックローズ 恐怖
パニック
 強い恐怖やパニック状態で、緊急事態に陥っている時に。  強い恐怖を感じて、パニックを起こし、毛を逆立てたり、凍りついた様子を見せる時に。
27 ロックウォーター 潔癖
戒律的
頑固
閉鎖的
 自分を厳しく律して完璧に生きようとし、人生の楽しみを味わうことを許さずにいる状態に。  自分の決めたことや、習慣になっていることをあくまでも守ろうとする、かたくなな姿勢を見せる時に。
28 スクレランサス 動揺
優柔不断
移り気
 気持ちが揺れ動いて、なかなか心が定まらずにいる状態に。優柔不断な自分に安定と決断力が欲しい時に。  気まぐれで気分屋だったり、優柔不断で一つのことを決めるのに時間がかかるペットに。
29 スターオブ
ベツレヘム
トラウマ
引きずり
嫌な思い出
 過去に起こったショックやトラウマから未だ癒されていないように感じる時に。  事故やショックなことから回復できず、いまだそれを引きずっているような時に。
30 スイート
チェストナット
苦痛
極限
悲愴
 完全な暗闇に閉ざされたかのように、極度の苦痛を感じ、苦しみが限界に達したと感じる時に。  大きな苦痛やショックのために、元気をなくして、極度に悲しみ苦しんでいる様子に。
31 バーベイン 興奮
熱中
凝り性
 自分の強い信念や大儀のために、熱中しすぎてリラックスできず、他の人も巻き込みたくなる気分の時に。  活発で興奮しやすく、何かに熱中しすぎて、じっとしていられない状態に。
32 バイン 支配
命令
攻撃
 周りの人を一段高いところから一方的に支配しようとし、思うようにコントロールしようとしてしまう時に。  周りを自分に服従させようと威嚇して攻撃的になったりするボス的な傾向に。
33 ウォルナット 変化を嫌う
保守的
順応が下手
 人生の変化に適応することに難しさを感じる時に。周りの過度の影響から自分を守りたい時に。  引越し、出産、飼い主が変わる、旅行などの変化に、うまく適応できない時に。
34 ウォーター
バイオレット
孤高
孤独
孤立
 心をオープンにするのが難しく、人との間に距離を置いて孤高の状態を保ってしまう時に。  静かに一匹でいることを好み、周りから距離をおいて、かまわれることを嫌がる傾向に。
35 ホワイト
チェストナット
カラ回り
不安定
不安
 繰り返しの想念や不安がつきまとい、頭が休まらず、安らぎや集中力を望む人に。  不安な様子で、うろうろしたり、鳴いたりと、落ち着かない様子に。
36 ワイルドオート 迷走
翻弄
戸惑い
迷い
 人生の方向性に迷い、どの道を行ったらよいのか分からない時に。  環境や状況の変化に戸惑い、何をやったら満たされるのかわからない宙ぶらりんの時に。
37 ワイルドローズ 無気力
無関心
投げやり
 受身の姿勢で、人生や現実は変えられないとあきらめている無力感や空虚な気持ちに。  無気力で、受身、何をされても抵抗せず、なすがままになっている、無関心な状態に。
38 ウィロウ 悲哀
被害妄想
悲観
 自分が可哀相に思え、被害者的な憤りを感じる時に。人生の不公平さを嘆く気持ちに。  陰気ですねたり、めそめそしたりと、恨めしげな状態に。
レスキュー

5種類の
エッセンスを配合
緊急
緊張
パニック
大事件
 何かショックなことがあった後、悪い知らせ、事故、飛行機に乗るとき、人前で話す時、面接、試験、極度の緊張状態などに。  緊張やパニックを起こしている時、動物病院、ペットホテルに行く時、車に乗るとき、雷や大きな音を怖がるときなどに。
 ↑      ↑ 青い色のレメディは一般的によく使われるエッセンス
 ↑
No の赤いレメディはレスキューによく使われるエッセンス


 【 ひとこと 】

  上記の一覧にある「犬(動物)の状態」は、人間の感情表現に置き換えて
  表現されているものもあり、いわば擬人化しているところがあります、
  人間と犬(動物)は違います・・・飽くまで目安としてお考えください。

  そして、犬がそのような状態や行動を見せるとき・・・
  犬の精神状態を判断する上で、何らかの原因で犬へストレスがあり、
  これらの行動や状態を引き起こしている可能性がある・・・
  ということも頭に入れてよく観察してください・・・
  そのストレスとなっている原因を取り除いてあげれば、レメディに
  頼らずとも心身ともに健全なワンコになるかもしれないのです。
  
  ストレスの原因の解消とともにレメディを併用することで、
  レメディの効果をより期待できるものと思います。

  ただし、
バッチフラワーレメディは薬ではありません・・・
  個人差、犬による個体差、精神状態に依るところなどもあるでしょう・・・

  
なにごとも過剰な期待は禁物です。
 

[ 状態の解説は バッチフラワーレメディ テキストブック より ]

連想キーワードは当サイトの管理人が状態から連想・イメージした言葉です・・・
当を得ていないものもあるかと思います・・・その旨、ご承知おき願います。


 レスキューレメディについて

  レスキューレメディはマルチ的(複合的)なエッセンスの効果が期待できることから
  よく利用されるとのことです。

 効果的と言われる状態

   吠える、臆病
   落ち着きがない、よく興奮する
   人に預けるなどの時のストレス
   病気、ケガ、痛みによるストレス
   皮膚トラブル
   分離不安
   旅行(慣れない環境や移動によるストレス)
   パニック状態や緊急時

 レスキューのエッセンス

5種類のエッセンスが配合されており、マルチビタミン剤のようなもの・・・
この配合するエッセンスは上に記載した状態により異なる。

レスキューによく使われるエッセンスは

 スターオブベツレヘム
 ロックローズ
 チェリープラム
 インパチエンス
 クレマチス


の5種類のようです。


 バッチフラワーレメディはアロマセラピーとは違い、
  オーナーさんと愛犬が一緒に気軽にお試しできるホリスティックケアです。

 気持ちがネガティブな状態になっている(あるいは、なりやすい)と
  感じているオーナーさん・・・
  愛犬にストレスや不安な様子がうかがえるオーナーさん・・・
  これを機にぜひ試されてみてはいかがでしょうか。




記載していることが、バッフラワーレメディのすべてではありません。
あくまで簡単にまとめた参考にすぎませんことをご承知願います。


参考図書 小学館 ドッグホリステックケア 初版 松江香子 著



以下はバッチフラワーレメディに関連するPRです












 サイトマップ