犬 ペット用品 よいもん屋 犬のアロマセラピー(アロマテラピー)

  犬の豆知識 犬のアロマセラピー
 よいもん屋  アロマセラピーアロマテラピー

 犬のアロマセラピー(アロマテラピー)

 アロマによるリラックス効果

アロマセラピー・・・この言葉をご存じの方は多いかと思います。
香りによる心地よさとエッセンシャルオイルの持つ成分により心身ともにリラックスし
癒しの効果があるとされる比較的まだ新しい現代医療の補完療法的な処方のひとつです。

このアロマセラピー、ここ数年来、犬のマッサージやドッグホリスティックケアの
アプローチのひとつとして注目されつつあります。

※ ホリスティックケア : 簡単にいうと自然の力をかりて心と身体を健康に導くケア

犬のアロマセラピーは、リラックス効果の促進、ノミ取り、皮膚のケアなどを
目的として行われています。
その方法にはエッセンシャルオイルと呼ばれる精油を使用します。
このエッセンシャルオイルを使用する犬のアロマセラピーは新しい分野です。

エッセンシャルオイルは植物の化学的成分が凝縮されたもので、
その植物の持つ様々な香りの成分が鼻の粘膜を通して
体に取り込まれることにより、ストレスの解消や神経の
鎮静に働きかける効果があると言われています。

人間よりもはるかに鋭い嗅覚の持ち主である犬は、
それだけに人間よりも効果が出やすい
と言われているようです・・・
ですが、これは人間と同じ処方(使用量や種類)ではダメ
事故も起こりやすいことを意味しており、
どちらかと言えば、薬に近い位置付けであるために
犬にオイルを使用する場合は慎重に行うことが必要とされます。


 犬に向くエッセンシャルオイル

様々な効果が期待できるエッセンシャルオイルですが、どのオイルがどのような効果を
持つのかシッカリと確認しましょう・・・下に犬に向くオイルの一覧を掲載します。

ポイント

  まずはそのオイルを犬が気に入らなければ効果はあまり期待できません・・・
  犬自身に気に入る香りを選ばせることがポイントとなるようです。

  犬が気に入ったかどうかは・・・使用したいオイルを一滴テッシュに垂らし、
  犬の顔のそばに近づけると、その犬の様子や態度から気に入ったかどうか判断できます。

  犬は感情表現が豊かな動物です・・・
  気に入れば、執拗に臭いを嗅いだり、嬉しそうにシッポを振ったり、ワンと吠えたりする。
  でなければ、顔をそむけたり、遠ざけて離れたり、威嚇するように唸ったり吠えたりする。

  好きか嫌いかはその犬によって態度に違いがあるにしてもオーナーさんでしたら
  判断がつくことでしょう。


使用方法

   人間と同じように部屋に香らせ、ユッタリと過ごす

   犬用マッサージオイルに混ぜる

   犬用シャンプーにほんの少量を加える

   数種類のオイルを配合して相乗効果


  などが一般的な使用法のようです。

No エッセンシャルオイル 期待できる犬への効果
1 イランイラン 鎮静
2 スイートオレンジ  鎮静、消臭、ノミ取り
3 カモマイル・ローマン 中枢神経の安定、緊張の緩和
4 キャロットシード スキンケア効果、保湿
5 ゼラニウム スキンケア効果、抗真菌
6 ネロリ 不安感からの解放、痛みの緩和
7 バジルスイート 不安感からの解放、精神バランス、集中力
8 バレリアン 鎮静、分離不安、音に対するパニック、
新しい環境への適応
9 プチグレイン   鎮静
10 ベチバー 鎮静、免疫の強化
11 ベルガモット 強壮作用、抗真菌、リラックス効果
12 スイートマジョラム
(マージョラム)
鎮静、抗菌
ティートリーの代わり(免疫力の向上)としてお薦め
13 ミルラ 抗炎症、抗ウィルス、抗菌、マダニの除去
14 ラベンダー 鎮静、スキンケア、治癒効果、抗菌、細胞の生成活性
15 レモングラス 抗菌、抗ウィルス、虫除け
シトロネラの代わり(虫除け)としてお薦め
16 ローズウッド スキンケア効果、細胞の活性化、抗菌、抗ウイルス、
マダニの除去
17 オポポナックス
(スイートミルラ)
マダニの除去


 犬のアロマセラピーで気を付けること

 人には良くとも動物に向かないエッセンシャルオイルがある

オイルの中には、人に良くとも、動物には刺激が強すぎて向かないものがある、
その代表的なオイルがティートリー(ティーツリー)とのこと。

ティートリーは人の歯磨き粉やボディケア製品に用いられ、ナチュラルさと万能的なイメージ
から犬用のシャンプーなどにも配合されており、最も成功したオイルのひとつであるという・・・

   しかし、ティートリー製品を使用したことにより猫が死亡した例が
   確認されており、欧米では慎重なアロマセラピストは、ペットや
   人の赤ん坊にその使用を中止しているとのことです。

   そのため、ティートリーと同様の効果(免疫力の向上)が期待できる
   スイートマジョラムを代わりとして使用することをお薦めします。

   そして、虫除けとして人気の高いシトロネラペニローヤルも、
   犬には刺激が強すぎることがわかっており、
   同様に犬に使用するのは避けたほうがよいとのことです。
   代わりにレモングラスを使用して虫除けの効果が期待できます。

   人間を対象として研究が進み効果が確認されている種々の
エッセンシャルオイルですが、動物のアロマセラピーとしてオイルが使用され始めたのは
最近のことであり開拓中の分野です。

ですので、今後も犬には向かないオイルが指摘されることも十分あり得るとのことです。
逆に開拓中の分野だけに、人には向かなくとも動物には適したり、あるいは、
新しい効果が発見される可能性もあります。

       犬への使用はひかえたほうがよいエッセンシャルオイル

ティートリー(テイーツリー)
シトロネラ
ペニローヤル
アニス
ビーチ
ビター・アーモンド
ボルドー
カラムス
カンファー
カッシア
クローブ
ヒソップ
ジュニパー

マグワート
マスタード
オレガノ
レッドタイム
ホワイトタイム
ルー
サンタリナ
タンジー犬への使用は控えるべきアロマのエッセンシャルオイル
ウィンターグリーン
ワームウッド
ヤロー

  ※ これらはエッセンシャルオイル(精油)としての使用をひかえるべきもの
    であり、ハーブとしては使用しても差し支えがないとのこと

  ※ また、ティートリー(テイーツリー)はもっとも成功した精油として、
    上の記載にもあるように犬用シャンプーなどに配合されることが多いです。
    ・・・ティートリーは犬に対して絶対に使うべきではない
    という意味ではありません。
    ・・・犬に対してそのオイルを直接的に使用し、ティートリーの効果を
    期待するような使い方はひかえたほうがよい、と述べているものです。

  ※ アロマに限らず、人間によいものは犬にもよいとはいえないものがある
    ことを知るのは、犬と暮らす上でとても大切なことです。
 


 質のよいエッセンシャルオイルを使う

一口にエッセンシャルオイルと言っても、市販されているものを購入するとなると
その品質がきわめて重要なポイントであるとのこと。

100%天然で良質のものであるのが良いには違いありませんが、天然成分だからといっても
絶対に安心であるとは言えないようです・・・市販されているものには、化学香料を使用した
粗悪品も混在して流通しているとのこと、また、オイルの効果もその原料である植物が育った
環境に大きく左右されるとのことです・・・

従って、ラベル、説明書に植物の産地、育て方、ラテン名など明記されている内容を
十分に確認する必要がありそうです。

できれば、自生(栽培に依らない自然のもの)やオーガニック栽培のものが安心できる
とのことです。


 使い方は慎重に ( 間違えると危険物になってしまう )

サプリメントなどは栄養補助食品であり、摂取量が多少おおくなったとしても薬とは違い、
余分な栄養素は体外へ排出されてしまうと言われており、さほど心配する必要は
ないのかもしれませんが、人間よりもはるかに嗅覚の鋭い犬にとって・・・
エッセンシャルオイルは、刺激が強いものであったり、量が多すぎると解毒作用のある内臓
(肝臓など)に負担が掛かってしまい事故が起こる場合もある
ので注意が必要とのことです。

   特にエッセンシャルオイルの配合は十分に慎重に行う

   オイルの使用量は 人間の 4分の1 〜 10分の1 が目安

  と言われています。

愛犬へエッセンシャルオイルによるアロマセラピーを自らしてあげたいと思っている
オーナーさんは十分にこのことを肝に銘じておく必要がありそうです。

不安でしたら、まずはアロマセラピーを処方している獣医さん、トリマーさん、ドッグサロン
などにお願いした方が安心です。


 服用(飲用)は厳禁!

犬はもちろんのこと人間もエッセンシャルオイルの服用は絶対にしてはいけないそうです。

犬の場合は、ついついなめてしまうことが多いので十分に気を付けてあげてください。


 犬によって反応の違いがある

いろいろな効果が確認されているエッセンシャルオイルによるアロマセラピーですが、
犬の個体差によってもその効果や反応は異なります・・・

ですので、効果が判らないからと、いきなり量を増やしたりすることのないように
慎重に少しずつ試すことが安全な方法と言えるようです。

先に記載していますように不安でしたら、まず、その方面の専門の方に処方してもらうなり、
アドバイスを受けて実践されたほうが安心できます。

 愛犬に万が一のことが起きてしまってからでは遅いです・・・
   どうか慎重に
取り組まれてください。



記載していることが、アロマセラピーのすべてではありません。
あくまで簡単にまとめた参考にすぎませんことをご承知願います。


参考図書 小学館 ドッグホリステックケア 初版 松江香子 著



以下はアロマに関連する用品PRです


















 サイトマップ