犬 ペット用品 よいもん屋 犬の体

  犬の豆知識 犬の体
 よいもん屋  

 サイトマップ

  犬 の 体

 犬の体 各部はどんな名称なの

  ふだん、人間の体でもあまり気にすることのない体の名称ですが、
  犬となるとそれにも増して分からないのではないでしょうか ・・・

  犬固有の呼称部分もありますが、人間の体の呼称と同様のものが大半です。

   犬の体 名称

 犬の年齢って

   犬の平均寿命は一般的には10年〜15年といわれています。

   犬や動物の年齢についての換算方法も諸説あります、 これが正しいと言えるものではありません。

   次の犬の年齢換算表についても、参考としての一例であり、おおよその目安としてご覧願います。

1ケ月 2ケ月 3ケ月 6ケ月 1才 2才 3才 4才 5才 6才 7才 8才
小・中型犬 1才 3才 5才 9才 18才 24才 28才 32才 36才 40才 44才 48才
大型犬 1才 2才 4才 6才 12才 19才 26才 33才 40才 47才 54才 61才
9才 10才 11才 12才 13才 14才 15才 16才 17才 18才 19才 20才
小・中型犬 52才 56才 60才 64才 68才 72才 76才 80才 84才 88才 92才 96才
大型犬 68才 75才 82才 89才 96才 103才 110才 117才 124才 131才 138才 145才
寿命の目安 ←−−−−− 平均寿命 −−−−−→ ご長寿犬

 人間年齢への換算方法

  小・中型犬:生後2年で24歳になり3年目以降は1年ごとに4才ずつ歳をとる。
  大型犬  :生後1年で12歳になり2年目以降は1年ごとに7才ずつ歳をとる。

  その他の換算方法として次のような計算式もあります。

   小・中型犬:( 実年齢−1 )X 5 + 18
   大型犬  :( 実年齢−1 )X 6 + 18
   猫    :( 実年齢−2 )X 4 + 24 ← 上の表の小・中型犬に相当

   実年齢5歳の場合は

   小・中型犬・・・38歳
   大型犬  ・・・42歳
   猫    ・・・36歳
 

   引用:小動物の臨床栄養学V

   一般的に
    成長は、小型犬が早く、大型犬はユックリである
     老化は、大型犬のほうが早く、小型犬はゆるやかである
   といわれているようです。

   年齢換算を含め、平均寿命などは犬の個体差や飼養環境によっても違ってきます。
   飽くまで参考としてお考えください。


 犬の体にまつわる、いろいろな数字

    知能指数

      一般的には人間の2〜3歳児程度といわれています。


     体温

      平常時 38℃〜39℃ 程度 といわれています。

     人間と比べて体温が高いため、一般的に寒さには強いといわれますが、
     実際には被毛の生え方(シングルコート、ダブルコート)や犬種によっても違いがあります。

      【 参考動画 】  犬の体温の計り方
     

     上の動画はもっとも一般的な体温計を使用しての計り方(比較的精度の高い体温を
     計ることができます)ですが、ペットの体温を計る方法として他に

     ● 耳から計る専用の体温計を使用する

     ● 体には直接触れずに赤外線を利用した体温計を使用する

     ● 体に埋め込んだ体温測定機能付きのマイクロチップで計る

       注 : マイクロチップそのものは登録された番号により生体を識別するためのものであり、
            付加機能として体温測定機能付きがあります。

     などもあります。


    脈拍

      小型犬は1分間に 100〜120回

      中型・大型犬は1分間に 60〜90回

      【 参考動画 】  犬の心拍数の測り方
     


     こちらは呼吸数の測り方です。
     脈拍数とともに知っておくと役立ちます・・・

     呼吸数は1分間に 10〜30回程度

     ※ 小型犬は大型犬と比較し、呼吸数が多くなるのが一般的です、
        また、犬種によっても違いますので、ここで示している数値はあくまでも参考値です。

      【 参考動画 】  犬の呼吸数の測り方
     


    血圧

      上の血圧(収縮期血圧) 132.0±17.4mmHg
      下の血圧(拡張期血圧)  86.8±14.2mmHg

      平均血圧は 102.6±14.5mmHg
       この数値は人間の血圧値とさほど変わりありません


    血液型

      DEA ( Dog Erythrocyte Antigen ) と呼ばれる犬赤血球抗原の型で分類されており
      13種類以上と人間よりもはるかに多い。


     

      聴覚は人の約3倍・・・約40ヘルツ〜50,000ヘルツまでの広範囲な音域を聴き取ります。
      (人は約20ヘルツ〜20,000ヘルツまでとされ、低い音は人のほうが聴き取れる)

      32の方向からの音を聴き分ける能力があるという。 (人はその半分の16方向までとされます)


   

      動体視力は大変に優れており、動くものであれば遠くでも見分けることができる。

      人の視力で示すと 0.2〜0.3 程度の近視眼の持ち主といわれてます。

      これは眼球内のレンズの役目である水晶体の厚さが人は約4mmに対して
      犬はその倍の約8mmもあり、ピント(焦点)を合わせる力が生まれつき弱い・・・
     ということが根拠となっているようです。

      ただし、視覚獣猟犬(サイト・ハウンド)と呼ばれる犬種は正視眼を持っているとのことです。


    

      嗅覚は人の約100万倍・・・100万倍に薄めたニオイも嗅ぎ分けられるという意味です。

      嗅覚細胞は犬種によりひらきがあるが 2億5千万〜30億個といわれている。
      (人は約500万個とされます)

      鼻の粘膜は平均で 130平方cmもあります。 (人は約 3平方cmとされます)


    

      味覚を感じる味蕾の数は約 2,000個(人は約 10,000個)しかなく、
      味覚は人と比べてかなり鈍感といえます。

      ただし、酸味と甘味には敏感で特に消化の良い糖などを感知する能力には
      優れているという。(犬は味覚が鈍感ながらも甘党といえるのかもしれません)


    

      乳歯の時   上顎 14本 下顎 14本 合計 28本(生後3週間で生え始め6〜12週で生え揃う)
      永久歯の時 上顎 20本 下顎 22本 合計 42本(一番発達しているのが犬歯と呼ばれる牙)

      犬は食べ物を切り裂いたり、引き裂いたりするのは得意ですが、
      すり潰す・・・いわゆる咀嚼はほとんどせずに丸呑みにします。

      丸呑みにする理由として・・・
      その昔、野生だった時代には捕らえた獲物を悠長に食べていたりしたら、
      外敵や他の犬に襲われたり獲物を奪われてしまうので、すばやく胃の中に収める必要が
      あったから・・・ともいわれています。

      食べ物をすり潰す臼歯はあるものの、草食動物のようにすり潰すことはできないといいます。




     【 参考動画 】  クスリの飲ませ方

     犬に限らず、動物にクスリを与えるのは意外と大変です・・・、
     ちょっとしたコツをつかむことで楽に与えることができます。

     クスリに限らず、錠剤や液体のサプリメントなどを与える時も参考になります。

     


     

     上はクスリを直接、飲ませる際の参考動画ですが、食事などに混ぜて与える
     ことができるものもあります。