犬 ペット用品 よいもん屋 犬の健康 知っておきたい予防

  犬の豆知識 犬の健康知っておきたい予防
 よいもん屋  健康 知っておきたい予防

 サイトマップ

  最低限 知っておきたい犬の病気予防


 狂犬病の予防接種

  法令「狂犬病予防法」により義務付け

狂犬病予防注射 啓発ポスター  犬を飼っている(飼う)ならば、知っていて当然の予防接種です。

  一般的な処方として
  生後3ヶ月過ぎ(91日齢以上)に1回目の接種をします。
  その後は、毎年1回4月(〜6月)に接種することとなっています。

  犬を飼ったら30日以内に、お住まいの市町村に届け出る
  (登録する)義務があり、登録することで鑑札が交付されます。

  登録されていることにより予防接種の時期が近づくと
  通知のハガキがご自宅に届きます。

  狂犬病の予防接種が済むと注射済票が交付されます。

  犬を登録したときに交付される鑑札とその年に接種した
  注射済票は必ずその犬に付けること
が義務づけられています。


  厚生労働省ホームページ 犬の鑑札、注射済票について


    東京都荒川区の平成22年度に交付された鑑札と注射済票

 これらの義務に違反すると・・・
 飼い主は20万円以下の罰金の対象となり、
 飼い犬は捕獲・抑留の対象となります。

 ご自分の犬や近所の犬が狂犬病にかかった場合は
 その犬だけでなく、発生地域内の犬に対して、けい留の
 命令等が出され犬の一斉検診や狂犬病予防注射、
 犬の移動の制限、交通の遮断等の措置が必要に応じて
 行われる、とされています。

    例 ) 東京都荒川区の平成22年度に交付された鑑札と注射済票

    通知ハガキには集合して接種を行う場所(公園や指定の施設)、予定日時、料金などが記載されています。

    ハガキを持参し指定の場所で集合接種をした場合は、その場で注射済票が交付されるので接種したことの
    届け出は不要です。

    通知ハガキが無くとも動物病院で接種を受けることはいつでも可能ですが
狂犬病予防注射済証 サンプル

 ● その病院が届け出を代行してくれるため、
   ご自分での届け出は不要

 ● 病院が発行する接種証明書( 狂犬病予防注射済証 )
   を持ってご自分で届け出る必要あり
   ( その病院の所在地区がご自分がお住まいの
    所在地区と違う場合など )
  
 と2つのケースがありますので注意が必要です。



  そもそも狂犬病とは

狂犬病ウィルス
 狂犬病ウィルスというウィルス感染症で
 犬が狂犬病ウィルスに感染すると一定の潜伏期間ののち
 発症し、意識障害や中枢神経が冒され、ヨダレを垂れ流す、
 全身が麻痺(痙攣)する、凶暴化する・・・などの症状が現れ、
 ほぼ100%が発病後3〜4日で死亡に至るといいます。

 人間にも感染し、狂犬病ウイルスにかかった動物に咬まれた
 場合に、唾液に含まれるウイルスが人体に侵入します。

     ※ 狂犬病ウィルス

    狂犬病ウイルスは犬や人だけでなく、全ての哺乳類に感染します。

    アジアでの主な感染源は犬ですが、犬の他にキツネやオオカミ、ネコ、マングース、コウモリなどが
    主な感染源となっている地域もあります。

    通常は人間から人間に感染することはなく、感染した患者から感染が拡大することもないと
    されています。

    人間が狂犬病ウイルスに感染してからは、通常1ヶ月から3ヶ月、長い場合には1年から2年の
    潜伏期間があるといわれ潜伏期間後に発症すると、まず発熱、食欲不振、咬傷部位の痛みや
    掻痒感がおこり、次に不安感、恐水及び恐風症状(水を見たり、冷たい風にあたると首の筋肉が
    けいれんする症状)、興奮性、麻痺、幻覚、精神錯乱などの神経症状が出ます。
    そして昏睡状態に陥り、呼吸障害により人間でもほぼ100%が死亡するという恐ろしい病気です。

    現在、発症してしまうと治療法はないと言われており、狂犬病ウイルスに感染した動物に
    咬まれた場合はワクチン接種を行って発症を予防する
しかありません。

    日本国内では、狂犬病予防法により予防接種を義務づけした甲斐もあり、
    人は1956年、動物(猫)は1957年を最後に、それ以降狂犬病の発生はないため、
    現在、国内での感染の心配はないといわれています

    しかし、狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国々を除いて
    全世界に分布
しており、WHOの2004年のデータによれば、狂犬病の年間の死亡者数は全世界で
    55,000人(うち、アジア地域31,000人、アフリカ地域24,000人)と推計されており、日本国内では
    感染しなくても、海外で狂犬病にかかった犬に咬まれて帰国後に発症したという事例もあります。

    このような輸入感染を防ぐために、海外へ行くときは、むやみに動物に近づかないようにすることが
    大切です。

    どうしても動物に近寄る必要がある場合や、医療機関のない地域に行く場合は、
    事前に狂犬病の予防接種を受けるようにします。
    もし動物に咬まれてしまった場合は、現地の医療機関で傷の手当てと狂犬病ワクチンの接種を受け、
    帰国時に検疫所に相談します。

    ( 参考・出典 : 厚生労働省ホームページ )



 犬の病気予防接種 (狂犬病以外の任意による犬の混合ワクチン接種)

  犬の混合ワクチンとは

    複数の感染症を予防するために一度に混合して犬に接種するワクチンのことです。

    その混合数によって、一般的には3種混合・5種混合・7種混合・8種混合・9種混合
    などと呼ばれています。(予防する病名によっては単体で接種できるワクチンもあります)

    狂犬病の予防接種とは違い、接種するかしないかは任意ですが、
    通常は生後50日前後に1回目のワクチン接種を行い、3〜4週間後に2回目の接種をします。
    (地域や病院によっては3〜4回目までの接種を行う場合もあるようです)
    この時期のワクチン接種は犬の繁殖を業とするブリーダーやペットショップ側で行います。

    その後は狂犬病の予防接種と同様に飼い主の意向で 年 1 回 のワクチン接種をするのが通常です。

    任意とはいえ、ペット同伴可の宿やホテル、犬専用の施設(ペットホテルやドッグランなど)
    を利用
するときに混合ワクチン接種済証明書の提示を求められることも少なくありませんので
    かかりつけの動物病院で毎年接種することが当たり前のようになってきています。

    混合ワクチン予防接種証明書 サンプル
    ※ 混合ワクチン予防接種証明書 サンプル ( 発行する病院や機関により様式はさまざまです )

  混合ワクチンで予防する感染症とは

病 名 ・ 特 徴 / 混合ワクチン数 2
3
4
5
6
7
8
9
● 犬ジステンパーウィルス感染症

狂犬病と並び、犬の病気として有名ですが
ウィルス性の病気で空気感染し、死ぬ確立も高いと
されます。

1歳以下の幼犬に発症することが多く、進行すると
脳炎で神経がおかされ、治っても神経系の後遺症
が残ることもあるといわれています。

通常、生後50日前後の1回目ワクチンで接種します。
● 犬伝染性肝炎 (犬アデノウィルスT型感染症)

犬アデノウイルスT型というウイルスにより感染し、
幼犬は突然死することもあるといわれています。
 
● 犬アデノウィルスU型感染症 (ケンネルコフ)

犬アデノウイルスU型というウイルスにより感染し、
肺炎などの呼吸器症状が出ます。
 
● 犬パラインフルエンザ (ケンネルコフ)

犬伝染性喉頭気管支炎とも呼ばれ、
咳が出る病気で症状が人間の風邪と酷似しており、
パラインフルエンザウィルスやアデノウィルス、
細菌や微生物などが合併して起こる合併症です。

気管支炎や肺炎のような症状がみられ、
幼犬や高齢犬など体の抵抗力が弱い状態のとき
ほど感染しやすくなるので注意が必要です。
     
● 犬パルボウイルス感染症

感染力が非常に強く、死亡率も高いことから
「犬コロリ病」ともいわれています。

幼犬に発症しやすく、心筋型は突然死、
腸炎型は下痢、血便、嘔吐などを繰り返す特徴が
あります。
 
● 犬コロナウイルス感染症

腸炎を引き起こし、上の犬パルボウィルスや細菌と
混合感染すると症状が重くなるといわれています。

この感染症の予防は
犬パルボウィルス感染症と一緒に行うことが大事で
通常、6種、8種、9種の混合ワクチンで接種します。
         
● 犬レプトスピラ感染症

腎臓や肝臓がレプトスピラ菌という細菌に
冒されてしまう感染症で人間も感染します。
病状が悪化すると尿毒症を発症して死に至る
場合もあります。

レプトスピラ感染には
 a. カニコーラ型
 b. 黄疸出血型
    (イクテロヘモラジー型/コペンハーゲニー型)
 c. ヘブドマディス型
という3つ(正確には4つ)の型があります
         

2


a
b
 


2


a
b
 


3


a
b
c
以上が主な病名ですが、犬レプトスピラ感染症は大きく3つの型に分かれることから全部で9種類となり
最大で9種混合ワクチンとなります、混合数が多くなれば比例してワクチン代金も高くなるようです。

時期や犬種、体質、その地域特有の予防対象などにより混合数にも違いがあるようですが、混合ワクチンの接種
成犬は 5 〜 8 種 混合によるワクチン接種が一般的のようです。

※ 混合数は基本的に飼い主さんの希望で決まるものですが、
   動物医学の知識がない一般の飼い主さんは当然のことながら獣医さんの
   アドバイスがなければ何が自分の愛犬にとってベストなのか判りません。

   最低限、必要なワクチンと接種したほうが安心できるワクチンなど
   獣医さんの説明をよく聞いた上で接種するようにしましょう。

※ 接種後は少なくとも、その日1日はシャンプーや激しい運動は控え、
   通常のお散歩程度にして様子を見ましょう。 ( 狂犬病予防接種でも同じ

   翌日の様子を見て、いつものように食欲もあり、元気に動き回るようでしたら通常は大丈夫です。
   中には希に接種したワクチンが原因で体調を崩してしまう犬もいますので、元気がない、食欲がない
   などが続くようようでしたら早めに獣医さんに診せましょう。

※ ワクチンについて気になるお話しです。 ( 人によっては解釈が異なることです )

  → ワクチンはその病原に対する抵抗力(免疫)を体内に持たせるのが目的で接種しますので
    中には希にその免疫を作れずに負けてしまい病気(や発作を起こすなど)になってしまうことも
    あるようです、このようなことは人間のワクチン接種でも起こりえることです、これはもって生まれた
    体質(特異体質)ですので、万が一のときは獣医さんとよく相談して対処しましょう。

  → ワクチンそのものがもともと体に毒性のあるものからすると、その接種頻度は出来るだけ控えた
    ほうが好ましく、一度体内に作られた免疫(抗体)は、すぐには消えず毎年接種する必要性はない
    という意見もあり、アメリカ では 3 年 に 1 回 の接種が慣例となっているようです。

  → 日本における現状では、毎年接種するかどうかは最終的な決断はもちろん飼い主さんですが、
    獣医さんからすすめられると、やはり、「イヤ」とは言えないのが本音ではないでしょうか ・・・ 、
    実際のところ、予防する感染症によっても、その抗体の持続期間が異なることもあるようで
    単純には結論付けができない点もあるようです。
 



 蚊にご用心 ( 犬のフィラリア症 )

  犬のフィラリア症とは

アカイエカ
 蚊によって媒介され感染しますが、媒介する蚊の主なものは
 アカイエカ、 ヒトスジシマカなど日本ではよく見るごく普通の
 種類の蚊です。

 次のような段階を経て感染します

 @ フィラリア症に感染している犬(動物)の体内では
    循環している血液の中にフィラリア(成熟虫)の雌虫が生んだ
    幼虫(ミクロフィラリア)が流れています。
         ↓

    A フィラリア症に感染している犬(動物)を蚊が吸血することにより血液とともに
       その幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に取り込まれます。
         ↓
    B 蚊の体内に取り込まれた幼虫(ミクロフィラリア)は2週間ほど滞留すると、
       犬への感染能力を持つ子虫(成熟子虫)へと成長します。
         ↓
    C この感染能力のある子虫(成熟子虫)を体内に持つ蚊が媒介役となり未感染の犬を吸血するとき、
       成熟子虫は蚊の体内から排出され犬の皮膚内に侵入することでこの犬も感染します。
犬の心臓に犬糸状虫が寄生し増殖した様子の図


犬の体内に侵入した子虫(成熟子虫)は肺動脈や心臓に寄生し、
ソーメン状の細長い犬糸状虫(成熟虫のフィラリア)へと成長し循環障害
を引き起こします。

このまま放置すると犬糸状虫が肺動脈や心臓で増殖し、やがて全身の
臓器が機能不全となり死に至ります。

蚊の繁殖が活発な地域や季節になるとその感染率は高いといわれており、
愛犬のためにぜひ予防しておきたい感染症です。




   
    血液中の幼虫(ミクロフィラリア) 参考動画 : みなみ動物病院


  感染を予防するには

    毎年、蚊が発生する5〜11月(気候など地方により違いがあります)の期間に毎月1回のペースで
    フィラリア予防の固形薬を愛犬に服用させる、または動物病院でフィラリア予防の注射(※)を接種する
    ことで予防します。

    ※ フィラリアの予防注射は年 1 回(ないし 2 回)で予防効果があるとされ、毎月服用させるという手間が
       軽減されるというメリットがあります。
       ですが、過去に死亡例があり、獣医師によっては推奨しないこともあるようですで、
       愛犬の体質やアレルギーの有無などを含めてよく相談した上で決めましょう。

    これらの予防処置を行うことで、万が一にもフィラリアの子虫(成熟子虫)が体内に侵入しても
    薬効により成虫となることなく子虫は駆除されるといいます。

フィラリア固形薬 半生タイプのサンプル 固形薬は犬が食べやすいように味付けされた半生タイプもあり、
 オヤツのように与えて食べさせることができます。
 また、錠剤のものは小さく砕き食事に混ぜるなどして服用させます。

 − 注 意 −

 すでにフィラリアに感染している場合、投薬すると副作用が
 出ることもあり、投薬前には必ず血液検査によってフィラリア症の
 陰性・陽性を確認します。

 人間用の薬の規制と違い、動物用の薬はペット用品を扱うショップ
 でも入手することが可能ですが・・・
 投薬(服用)する場合は必ず動物病院で感染の有無を確認して
 獣医さんの指示の元で与えましょう。


    万が一、感染した状態で予防薬を投与するとショックを起こし最悪の場合は死亡することもあるといいます、
    そして、フィラリア固形薬はお手軽に投薬する(食べさせる)ことができますが、
    犬の大きさ(体重)で投薬する基準量が決まっていますので注意する必要があります。

    また、すでにフィラリアに感染している場合は犬糸状虫(成熟虫)の寄生度合いにもよりますが、
    フィラリア予防とは別の犬糸状虫を成長させない(増殖をさせない)ようにする投薬などの処方を施します、
    感染を予防することと感染している場合の治療はその対処の仕方(薬も)が違います。

    
     フィラリア予防 参考動画 : ノア動物病院


    ● 虫除けスプレー、蚊取り用品などを併用すると効果的

     そもそも媒介源である蚊を寄せ付けなければ感染することもありません。

     現在はペット専用の蚊取り線香や虫除け効果のあるアロマ(アロマディフューザー)、
     オーガニックで安心安全な素材の体に直接スプレーする虫除けなどが販売されています。

     フィラリア予防薬とこれらの虫除け用品を併用することにより、その予防効果を一段と期待する
     ことができます。


    【 注 意 】 「虫除け」 と 「殺虫」 は基本的に期待する効果が違います

     − 虫 除 け −

     文字通り殺虫するのではなく、その虫の嫌いな素材を利用して作られており、
     その虫が近づかない効果(忌避〔きひ〕)を期待するもので、その多くは殺虫作用がありません。
     でも殺虫しない分、体にやさしく無害な製品が多いようです。


     − 殺 虫 −

  その虫を殺す(駆除する)目的で作られた製品ですので、
  その多くは成分に劇薬といわれるものを使用している製品が少なくありません。
  虫除けの製品と比べれば、その効果は強力ですが、その分、体へ害となるリスクもあります。

     どちらも一長一短ですが、フィラリア予防薬はクスリですので、犬の体内に入ることにより
     肝臓(解毒する働き)に少なからず負担をかけてしまう
ことになります。
     そのことから、フィラリア予防薬と蚊から守る(吸血)対策用品を愛犬の近くや体に直接、
     
併用する場合は体に負担の少ない天然素材の虫除け用品がお薦めです。




ここで記載している犬の病気予防は犬の飼い主さんには、最低限、知っていてほしい、
知っていて当然のことだけです。

愛犬が元気で健康を保つためには普段からの
 ● 食事の栄養バランス
   → ライフステージ(子犬、成犬、老犬)にあったカロリーと栄養配分
      ※ 食いつきがよくない、食欲がない、肥満ぎみなどの様子や変化をチェック
        ウンチや尿は体の健康状態を示すバロメーターです、普段からチェックするようにしましょう
        参考ページ フンにまつわる話し
 ● 愛犬の体の手入れ
   → 口(歯みがき)、耳、目、肉球、爪、被毛(ブラッシング)など
      ※ 手入れ中に何か異常なところはないかチェックを忘れずに!
 ● 適度な運動
   → 毎日のお散歩、屋外や室内での遊び
      ※ 運動のし過ぎ、運動しない(何もさせない)・・・は共にストレスのもと
 ● ストレス管理定期的な犬の健康診断
   → 普段の生活において愛犬のストレスとなっているものはないか?
      その原因の回避と解消  参考ページ 犬の健康・ストレスと体臭
 ● 季節にあった住環境
   → 特に夏はアツサ、冬は寒さに配慮した室内温度調整や
      寝床(季節に合ったベッドやマット)
などが欠かせません。

病気になっても治せるものは当然あります・・・、でも
病気になるよりは病気に罹らないことが何よりも一番で大切なことです。

愛犬が病気になってからでは遅いのです・・・。

病気になったから動物病院に行く・・・ではなく、
病気になる前に健康チェックのために定期的に動物病院に行くことも必要です。