犬 ペット用品 よいもん屋 犬の健康 被毛・皮膚・ストレス

  犬の豆知識 犬の健康被毛・皮膚・ストレス
 よいもん屋  健康 被毛・皮膚・ストレス

 サイトマップ

  犬の被毛

 被毛の役割は

  体の保護

    体の全体を被うことで、外敵などから皮膚を守る、水をはじく防水機能としての働き、
    体から水分が失われて乾燥するのを防ぐ、病原菌の侵入や感染を防ぐ・・・などの役割がある。

  体温の維持と触覚

    上毛(オーバーコート:一次毛)と下毛(アンダーコート:二次毛)で体温の維持と調節を
    行うことができる、そして、感覚毛(ヒゲや眉毛)と呼ばれる触毛は感覚器として役割を持っている。


 被毛の種類は

  長さで分類すると・・・

    長毛犬種: ロング・コート
    短毛犬種: ショート・コート
    無毛犬種: ヘアレス

  生え方で分類すると・・・
    
二重被毛
(ダブルコート)

下毛(アンダーコート:二次毛)と上毛(オーバーコート:一次毛)の
二重構造となっている。

下毛は柔らかな密集した毛で寒さから体温を維持する役割がある。

暖かい季節になるとその役割も不要となるため、春になるとゴッソリと抜けてしまう。
そのため、毛が抜ける春と毛が生え始める秋が換毛期となる。

寒冷地で育種された犬種に多くみられる。

 【 犬種の例 】

   コーギー、ポメラニアン、シェットランド・シープドッグ、スピッツ
   ボーダー・コリー、ミニチュア・シュナウザー、シベリアン・ハスキー・・・
   などの洋犬
   柴犬、秋田犬・・・などの和犬

長毛犬種もいれば短毛犬種もおり、毛の長さは無関係です。

被毛と皮膚の健康のためにも日頃からブラッシングは欠かせません。
 
一重被毛
(シングルコート)

一重被毛と呼ばれているが実際には二重被毛で、上毛(オーバーコート)が
少なく、下毛がよく発達しており、毛の全体の多くを占めるという特徴を持っている。

一般的には、上毛のみで下毛がないといわれていますが、下毛が非常に発達して
いることにより、上毛としての役割を併せ持っている
・・・といえそうです。

育種された地域の気候が強く影響しており、被毛で体温を保持する必要性が
なかったためといわれている。

換毛期であっても毛が大量に抜けることはなく、季節を通して抜け毛は少ない
とされる。

温暖地で育種された犬種に多くみられる。

 【 犬種の例 】

   ミニチュア・ダックス(スムース)、グレーハウンド、グレート・デーン、ボクサー
   プードル、パピヨン、ヨークシャ・テリア、マルチーズ、チワワ・・・

二重被毛の犬種と同じく長毛犬種もいれば短毛犬種もおり、毛の長さは無関係です。

抜け毛が少ないとはいえ、皮膚の健康や毛玉防止のためにも定期的な
ブラッシングは必要です。
 


 犬の皮膚ってどうなっている
犬の皮膚 構造図
   ※ 上の図は二重被毛(ダブルコート)を想定しての図説となっています。
      一重被毛(シングルコート)の場合は、一次毛よりも二次毛がより発達しており
      二次毛がさらに密集して生えているとご想像ください。
      ( 二重被毛の一次毛はひとつの毛穴から2〜5本太く生えているが、一重被毛は細く本数も少ない )


  上毛(一次毛)と下毛(二次毛)はひとつの毛穴から生えている

    一次毛は太く2〜5本、その周りに細い二次毛が複数本、ひとつの毛穴から生えている。
    ちなみに人間はひとつの毛穴からは1本の毛しか生えてこないといいます・・・
    犬(猫たちも)は豊富な被毛に守られており(※)、人間のように服などを必要としないことを
    この被毛の生え方にも示されています。

    ※ 中には例外として被毛の少ない無毛犬種(ヘヤレスドッグ)もいます。
       また、正確には被毛の生え方により耐寒能力には違いがあるようです・・・
       二重被毛(ダブルコート)の犬種と比べると一重被毛(シングルコート)の犬種は
       若干、寒さに弱いといわれているようです・・・
       ですが、総じて一般的には 「犬は寒さに強い動物」 といわれています。

  犬の皮膚(角質層)は薄くて人の皮膚よりもデリケート

    一見、犬の皮膚は丈夫そうにみえます・・・被毛で被われている姿を見ていると
    そのような錯覚をしてしまいがちですが、実はとってもデリケートといえそうです。

    実は、皮膚そのものは人間よりも薄く、表皮を覆う角質層は
    紫外線や刺激、乾燥などのダメージから皮膚を保護する役目があるそうですが・・・
    この角質層の厚さは人間と比較すると、なんと約3分の1程度とのことです。

    犬は意外と皮膚トラブルを起こしやすい動物なのです。

  脂腺(皮脂腺)は皮脂を分泌して皮膚を保護する

    脂腺から分泌される皮脂で皮膚全体を被うことにより皮膚を保護(角質層)しています。
    これにより、皮膚病の原因となる細菌などもブロックしているといわれています。

    シャンプーをすることにより、この皮脂が洗い落とされることになるため、
    犬の過剰なシャンプーは犬にとっては好ましいことではない、といわれる理由
にもなっています。

  犬の皮膚にはアポクリン汗腺が全身に分布している

    人間の汗腺には2種類あります・・・
    犬は汗をかかない、とよくいわれてますが、犬も人間と同様に2種類の汗腺をもっています。

     アポクリン汗腺

     脂肪分や老廃物を分泌する汗腺でその分泌液はベタついており、脂腺を補助している
     いわれていますいます。
     上の図からも分かるように、アポクリン汗腺は毛穴と直結しており毛穴から分泌されます。

     エクリン汗腺

     いわゆる、これが汗をかく汗腺で、
     暑いときにエクリン汗腺から汗を流して体温調節をしたり、運動後のさわやかな汗となります。
     この汗はほとんどが水分のサラッとしたものであり、ベタ付きはありません。

     そして、汗をかかないといわれる犬にも、このエクリン汗腺があるにはあるのですが
     それは主に肉球のところ分布しており、肉球以外の体表にはほとんど分布していない
     (例外としてチャイニーズ・クレステッドなど「ヘヤレスドッグ」と呼ばれる一部の無毛犬種には
      このエクリン汗腺が体全体に分布しているとのことです)
・・・
     ですので、犬は汗による体表からの温度調節ができないため、暑いときには、
     舌を出してハァハァと呼吸(パンディングと呼ばれます)することにより、舌からの水分蒸発で
     気化熱による体内冷却と、呼吸で外気温と体温を交換して体内の温度を放出しているのです。

     肉球にある数少ないエクリン汗腺でも体温調節を補助しているといわれており、
     また、肉球を湿らせることで滑り止めとしての働きもあるとのことです。

     おもしろいことに犬が緊張したときも、肉球が汗でジワッを湿ることがあり、まるで、
     「人間が手のひらに汗をかく」という表現にも通ずるところがあって興味深く感じます。

     また、汗をかくことにより水分とともに微量の塩分も分泌されますが、
     エクリン汗腺が体中にある人間と違い、犬の場合は肉球という一部からしか分泌されません。
     このことにより犬の場合は塩分の消費が少ないため、犬に与える食事や食べ物には
     「塩分は控えめに」といわれる根拠
ともなっています。

  人間の皮膚が弱酸性に対し、犬の皮膚は中性から弱アルカリ性

    人間の皮膚のpH(ペーハー)は 4.5 〜 6.5 といわれ弱酸性です、
    これに対し、犬の皮膚のpHは 6.5より大きい中性から弱アルカリ性といわれています。

    これは、「人間用のシャンプーは犬には好ましくない」ことを示しており、
    人間用のシャンプーで犬の体を洗うことは、場合によっては皮膚トラブルの原因にもなります。

    ぜひ、犬には犬の皮膚にあった犬用シャンプーを選んであげましょう。
    特に皮膚アレルギーのある犬は、アレルギーを刺激しないように
    そのシャンプー成分には、十分、注意してあげることが必要です。


 犬の皮膚トラブルチェック

  愛犬の皮膚や様子から次に示す項目に心当たりがある場合は、
  皮膚にトラブルを抱えている、あるいは皮膚以外の病気の可能性もあります ・・・
  できれば、早めに獣医さんに診ていただくことをおすすめします。

目立つ脱毛がある
シャンプーしてもフケが目立つ
地肌や根毛近くに黒い粒がある
( これはノミの糞である可能性が高い )
痒がって頻繁に体を掻く
皮膚にブツブツがある
皮膚に傷跡が治ったようなカサブタがある
以前と比べると皮膚が赤っぽかったり、赤黒くなった
皮膚がアブラっぽくてベタつく感じがする
普段と比べて抜け毛が多い(換毛期を除く)
同居している他のペットや家族に同じような症状がある

  心当たりの数が多ければ多いほど、皮膚病やなんらかの疾患にかかっている疑いが強くなります。


 ストレスと体臭  

汚れてもいないのに体臭が気になるときは犬のストレスについて考えてみよう・・・
   心身ともに健全な犬は、さほどシャンプーをしなくとも「犬クサイ」と言われるニオイは
   ほとんどしないそうです。

逆に何らかの原因がもとでストレスがある(たまっている)犬の場合は、
   いくら体がキレイであっても体臭が強くなる傾向があるそうです。

   また、フケが目立つ場合もストレスが原因となっている可能性が高いとのことです。

普段、気に掛けていないことが、愛犬にとってはストレスとなっているのかもしれません・・・
   何か思い当たることがないか・・・よく考えてみましょう。

ストレス要因の一例 主 な 事 例
人間や
他の犬からの脅威
叱る・威圧する
初対面・凝視される・真正面から近づかれる・上から覆い被される
吠えられる・追いかけられる など
リード(引き紐)で
強引な体勢(姿勢)
引っ張られる
引きずられる
倒される など
環境が変わる 家族構成や住居人の変化
引越しや模様替えなど住環境の変化 など
生活環境に
争いごとが絶えない
家庭内でケンカが絶えない
暴力や攻撃的な行動が横行する など
孤独な生活環境 ほとんど独りで居ることが多い
人や他の犬と接しない(機会がない) など
騒音 大きな生活音
機械音
交通音 など
リラックスできない 絶えずジャマが入る
休む場所がない(確保できない) など
生理的な欲求 空腹
渇き
排泄 など
気温の変化 暑さ
寒さ
急激な温度変化 など
体の不調 (病気) 痛み
発熱
食物からきた下痢 などの体調不良
過度のシツケや訓練 シツケと称し日頃からいろいろと要求されたり、命令ごとが多い など
過度の運動 長時間の散歩やジョギング
休み無しで運動 (ドッグ・スポーツなど) を繰り返す など
遊び過ぎ
興奮し過ぎ
なすがままに遊ばせる (ジャレまくる)
吠えまくる
走り回る など
運動や刺激の不足 繋がれ放し
遊び相手がいない  など
恐怖体験 極限の状態
激しい揺れ・激突・激痛・爆裂音 など普段にない緊張状態におかれた場合


上に掲載しているこれらの要因は比較的わかりやすい一例にすぎません。

普段から愛犬の様子をよく観察して、愛犬に何かストレスとなっていることはないか
よく考えてあげましょう。

ひょっとしたら、オーナーさん(飼い主さん)が、普段、何げなくしている行為や生活環境の一部が
愛犬にとっては、ストレスとなっていることがあるかもしれません。

犬のストレスを考える(知る)上で、「犬の習性」を知る(理解する)ことも、とても大切なことです。
犬の豆知識 「犬の習性」も、ぜひ、ご参考ください。

愛犬のストレスとなっている原因を取り除いてあげることで、愛犬との信頼関係は深まっていくはずです。

より良い信頼関係を築くためにも、たいへん重要で大切なことと思います。



カーミングシグナル amazon から イチオシ おすすめ本

現在、”犬語”として有名になった、「カーミングシグナル」。

しかし、それを飼い主が独学で理解するのはなかなか難しいもの…。

そんなカーミングシグナルの理論を、カーミングシグナルの創案者、
テゥーリッド・ルーガスが解説。

さらに、犬のストレスを軽減するための実践的応用を徹底理解する
ことができます。

愛犬との暮らしに必ず役立つ、しつけとはまた違った提案を
お届けいたします。

著者について テゥーリッド・ルーガス (Turid Rugaas)

テゥーリッド・ルーガスは、その生涯のほとんどを動物達と過ごしてきました。
競走馬のトレーニング経歴を持つテゥーリッドは、どの方法がもっとも効果的であるかを
本能的に知る能力があり、彼女のもとにやってきた動物達のケアに役立ててきたのです。
そのノウハウを生かして、彼女は犬とその飼い主さんをトレーニングする
ノルウェイのハーゲン・ハンデスコールを創設しました。
さらにより多くの人々にメッセージを伝えるため、世界中で積極的に講演活動をおこなっています。
テゥーリッドの確立した理論でもっともよく知られているのはカーミングシグナルですが、
これは彼女が仲間と1980年代に多くの犬たちの研究をした結果でした。
1996年にまず本を執筆し、その後まもなくビデオとDVDを製作しています。
テゥーリッドは、ペット・ドッグ・トレーナーズ・オブ・ヨーロッパの創設メンバーで代表者でもあります。
この協会は、犬には優しさと尊敬を持って接することを広めることに尽力しています。

(以上の掲載文章はamazonの当該本・販売ページから引用させていただきました)