犬 ペット用品 よいもん屋 犬にイケナイ食べ物

  犬の豆知識 犬に与えてはイケナイ食べ物
 よいもん屋  イケナイ食べ物

 サイトマップ

 与えてはイケナイ食べ物

人間の食べ物の中には犬に与えると健康を害するものもあります。

うっかりと、何げなく与えてしまうものもありそうですね・・・

成分として含まれていたり、あるいは、調理済みのものなど見た目では判断できず、
見落としてしまうこともあるかもしれません。
犬と生活を共にする上で、ぜひ、知っておきたい基本的なことです。

犬に与えてはいけない 主な食べ物(フード)

ネギ類



 
 

タマネギ、長ネギなどのネギ類やニラに含まれる
アリルプロピルジスルファイドという成分が、犬の血液中の赤血球を
破壊するため、犬がネギ類を食べると中毒を起こして、
下痢や嘔吐、貧血、血尿などの症状があらわれる。

この成分は加熱しても毒性が消えないので十分に注意すること。

 玉葱 長葱 ワケギ など
 

チョコレート
ココア
(カカオ類)




 

チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという成分が、
犬の心臓と中枢神経を刺激して中毒を引き起こすことがあり、
場合によっては死亡することもあるという。

テオブロミンの摂取量が少量(体重1kgに対して200mg未満)の場合は
犬によっては、中毒が起きないこともあるようですが、
犬それぞれですのでやはり与えないようにしましょう。

 チョコレート チョコケーキ チョコアイス ココア など


※ 食べ物などで過剰摂取がよくない事態を招くのはよく言われることです。

   そして、チョコレートも本当でしたら、安全と言われる摂取量の
   範囲内であれば問題ないかもしれません・・・

   ですが、そこまでして犬に与える必要があるのでしょうか?
   あるいは、普段の生活の中において安全といわれる摂取量を
   キチンと管理把握することができるのでしょうか?

   現実的には、もし犬がたまたま誤って口にしても少量でしたら、
   まったく影響ないと言えるのかもしれませんが、
   大量に食べてしまったり、毎日の習慣として与えている場合には、
   何かしらの障害や影響が出てくる可能性がある、あるいは、
   突然、異常な事態に陥ることも考えられる・・・とでもなるのでしょうか。

   愛犬の健康を考えるのでしたら、やはり与えないとすることが
   賢明な判断と言えるのではないでしょうか。

 

甲殻類
貝類
淡水魚
(生もの)




 

甲殻類、貝類、淡水魚には、ビタミンB1(チアミン)を分解する酵素が
多量に含まれており、チアミン欠乏症状(食欲不振、運動失調、平行失調など)
という症状を起こす恐れがあるという。

栄養価も低く、消化も良くない食べ物(生もの)は、消化不良や嘔吐の原因
にもなり、なるべく、与えないほうが良いとされる。

 イカ タコ エビ カニ 貝 川魚などの淡水魚 など
  
生卵の
卵白のみ


生卵の卵白に含まれるアビシンという成分が
ビタミンB群のひとつであるビオチンと特異的に結合し、
ビオチンの吸収を低下させてしまい、皮膚炎などを引き起こすという。

生で与えるときは卵白のみではなく、卵黄を混ぜて与えるか、
   卵白を加熱したものであれば大丈夫とのこと。
  

牛乳
チーズ
乳製品




 

人が飲む牛乳に含まれる乳糖を分解する力(酵素)が犬は少ないので、
犬によっては下痢を起こすことがあるという。

犬によりますので、平気なワンコもいます。

 ミルク アイス チーズ など

現在は犬用に加工されたミルクや乳製品も作られているので、
   必要であれば犬用のものを与えるようにすると安心です。
 

塩分の多い
食品




 

犬はほとんど汗をかきません。
人の約3分の1程度の塩分しか必要としないといわれています。

体内で塩分の調整ができない犬にとって、
人がちょうど良いと感じる塩分の食べ物でも、犬には塩分が強すぎるため
腎臓障害などの原因になるという。

人の食べる塩分の多い料理やお菓子類などは与えないようにしましょう。

 ポテトチップ フライドチキン せんべい など
 

刺激の強い
香辛料




 

わさびや唐辛子、胡椒などの香辛料は、胃を刺激して消化感覚を麻痺させて
塩分と同様に胃腸障害を起こす恐れがあるという。

犬の食事に香辛料などを加えるのは避けましょう。

 ワサビ 唐辛子 胡椒 など
 

甘味料




 

人間の虫歯予防に効果的とされ、ガムや甘味料などに用いられる
キシリトールは犬にとっては多量に摂ると有害であるという。

うっかり与えないように気を付けましょう。

 ガム 甘味料 など
 
大きな骨(生骨)
鶏の骨(熱加工)




大きな骨は犬の歯が砕ける恐れがある・・・あくまで可能性があるということで
解釈によっては意見の分かれることのように思えます。

屁理屈的な言い方をすれば・・・
歯が健康で丈夫な犬ほど、その可能性は限りなくゼロに近く、
歯が丈夫でない、あるいは老齢犬など歯が弱くなっている犬は
砕けたり折れたりする可能性も高くなる・・・とでもなるのでしょうか?

可能性のこと、あるいは、確率的なことを論じあっても結論は出ません・・・
可能性(危険性)がゼロ(絶対)でない限り、絶対に大丈夫とは言えません。

最終的な判断はオーナーさんです・・・
もし、愛犬にその可能性があるかも・・・と思うのでしたら、
やめた方がよいのかも知れませんし・・・
歯の手入れは毎日キチンとしているし、歯は健康で頑丈だから与えても
大丈夫・・・と思うのでしたらそれはそれでよいのかもしれません・・・

もちろん、加齢による歯の衰えは人間同様に犬とて同じように起こること
ですから、愛犬に対するオーナーさんご自身の判断がそこにはあるべき
ことと思います。

もし、万が一、不幸にしてその危険性が実際に起こってしまったときには、
あなた自身の判断によることから起きたことです・・・
愛犬はあなたから与えられた食べ物を食べただけのことです・・・

論じられている危険性が愛犬に実際に起こるかどうかは、
正直、誰にも断言できることではないと思います。

しかし、鶏の骨に限らず、危険性や注意が論じられていることには、
何かしらの根拠が必ずあるはず
です。

・・・それは「フードメーカー」が製品を売りたいがために広めたことである・・・
とすることや・・・実際に過去の事例がある、あるいは、医学的、科学的にも
根拠があることだ・・・どちらを信じ、参考とするかは、やはり最終的には
オーナーさんが判断することです。

ですが、危険性がゼロでない限り、危険な食べ物、与えるのを控えたほうが
よい食べ物として、これからも言われ続けることと思います。

このことを踏まえ、次の「熱加工された鶏の骨」にも目を通されてください。

一般的には熱処理された鶏の骨は釘状に裂け、食道や胃を傷つける
恐れがあり、危険であるため、与えないほうがよい
といわれています。

その犬にとって、ほどよい大きさの「生の鶏の骨は大丈夫」です。
   圧力なべで加圧調理し軟らかくして与える方法もあるようです。


 焼いたり熱して、熱加工された鶏の骨について

   熱処理されたものであっても、食べやすいように小さく切ってやれば
   大丈夫である・・・熱処理された骨が危険というのは誤った風評である・・・
   との意見もあります。

   しかし、熱処理された鶏の骨は噛み砕くと釘状になるのも事実です。
   だからといって、その形状が原因で絶対に傷付けるとは言えません。

   そして、その逆も同じで、小さく切って与えれば絶対に安全で
   傷付けないとも言えません。

   犬の胃袋は骨の消化にすぐれているのは事実です。
   ですが、胃の中に入ったら瞬時に溶けるわけでもありません。
   そして、胃に到達する前にノドや食道を通ります・・・
   人間だって、ときには食べ物でノドを詰まらせることもあります。

   これは、正誤を結論付けるものでもないと思われます。

   そもそも、自然界の肉食動物は熱処理されたものを食するという
   ことはありません。
   そこから考えれば、生骨は適しているとすることはごく自然です。

   犬にとって安全であり、必要(有用)な栄養が採れ、健康の維持や
   向上が期待できる食材であれば否定はできません。

   このことは鶏の骨に限らず、すべての食材に言えることです。

 
気を付けたい 果物(フルーツ)
   ブドウ

 ブドウ、
 レーズン
(干しブドウ)
 

アメリカの調査機関によると臨床結果で犬猫には有害性が認められています。

しかし、その因果関係については解明されておらず、同じ摂取量でも
症状が出る犬、まったく出ない犬がいるとのことですので、
犬の個体差によると思ったほうが無難かもしれません。

 症状

 摂取してから2〜3時間後に嘔吐や下痢を起こし、3〜5日後には腎不全を
 発症するという。 (腎不全から死亡に至った報告もある)
 
  アボカド

 アボカド

ペルジンという成分が犬や猫には毒性があるといわれている。

ペルジンは果実、葉、種子、樹皮に含まれおり、アボカドは全体的に
注意をする必要がありそうです。

 症状

 嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症などで、最悪の場合は死亡する恐れもある。

いずれも大量(多量)に摂取したときに発症するとされており、
過度に与えなければ大丈夫のもよう。

果実自体は栄養価が非常に高く、犬の食材として薦める書物もあり、
アボカドをベースにした犬のフードなども販売されています。

市販品などは、ベルジンなどの毒性は取り除かれており
安心して与えることが出来るという。
 
気を付けたい 人の飲み物
   コーヒー

   紅茶


 コーヒー、
 紅茶
 (カフェイン)

コーヒーの香りが犬にとっては魅力的な臭いなのか、
うちのワンコはコーヒーが好きみたい・・・という犬は結構いるようです。

ですが、コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれています。

眠気覚ましにコーヒーを・・・と言われるようにカフェインは
「中枢神経系や心筋を刺激する」という作用が認められています。

人間には適量でも、体の小さい犬が過剰に摂取してしまうと
カフェイン中毒を起こす恐れも考えられます。

犬種によっては、もともと掛かりやすい病気(その犬種を作り出す過程で
先天的に組み込まれてしまう遺伝的に発症しやすい病気や症状)があり、
心臓系の病気が発症しやすい犬種などは特に気をつけるべきです。

犬の個体差にもよるところがあるでしょうが、愛犬の健康を思うのでしたら、
コーヒーや紅茶も含め、カフェインの含有量が多い飲み物や食べ物
犬に与えるのは控えたほうがよいでしょう。



【参考情報】 日本茶 犬に日本茶や麦茶を飲ませても良いの?

お茶にはタンニンやポリフェノール、フラボノイドなどが含まれており、
ホルモンバランスを整える働きや口臭予防、タンニンは殺菌・解毒作用
などの効果が期待されるとあり、その効果は犬も例外ではないようです。

ただし、紅茶同様、カフェインの含有量が多いものは好ましくありません。

ノンカフェインに加工された日本茶でしたら犬にも安心です。

ただし、日本茶のカフェインはタンニンの作用で吸収されにくい(カフェインの
作用を弱める)
という説もある。

種類で例を示すと

 麦茶はノンカフェインであるので安心とのこと

  ただし、麦茶は原材料が大麦であり、お茶の葉ではありませんので
  日本茶ではありません
・・・
  カフェインもありませんがタンニンも含まれていません・・・

  その代わり、タンパク質・カルシウム・鉄分・ビタミンB1・B2、
  麦茶の種類によっては食物繊維が多いなどで、日本茶とは違う効果
  (血液をサラサラにする、糖尿病の予防、胃の保護、便通を良くする
  など)を期待
することができ、犬も例外ではないようです。

  日本茶とは期待できる効果は異なりますが、苦みの成分でもあるタンニン
  が含まれておらず、犬にとっては飲みやすいかもしれません。

 少量のカフェインが含まれるものとして、番茶・玄米茶・ほうじ茶など

 カフェインが多いとされるのは、緑茶(煎茶・玉露)など

ですので、犬にお茶を与えるとしたら

 ノンカフェイン(加工済み)の日本茶

 麦茶

が安心できると言えるようです・・・

しかし、

ノンカフェインではない日本茶もタンニンの作用でカフェインが吸収されにくい
と言われていますので、日本茶の場合は実のところ、番茶・玄米茶・ほうじ茶
などのカフェインの含有量が少量のものでしたら、ほとんど気にする必要はない
のかもしれません・・・

ですが、少量であるとはいえカフェインが含まれていることに変わりなく、
タンニンがあることで吸収しないのではなく、あくまで吸収されにくい
(カフェインの作用を弱める)
・・・ということですから、
そこをどのように解釈するかは人それぞれとなります。

もちろん、犬によっても個体差があることでしょうから、やはり、どうしても
気になるという方は
番茶・玄米茶・ほうじ茶であっても避けたほうがよいのでは
ないでしょうか。 (当サイト管理人のいち意見に過ぎません)

 


 犬の食物アレルギーについて


  犬の食物アレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)

 犬の食物アレルギーの原因(アレルゲン)として一般的に知られている食品

  白米
  小麦
  小麦グルテン
  トウモロコシ

  大豆
  豚肉
  牛肉
  乳(牛乳、乳製品)
  鶏卵
  醤油
  ゼラチン(ケーキなどに使用)


 などですが、
 上記以外にもその犬によりアレルゲンとなり得る食物は当然、存在し得ます。


  食物アレルギーによる犬の症状

 一般的に食物アレルギーの症状は皮膚によくみられ、次のような症状で進行していくようです。
 アレルギー症を早期に発見・対処するためには、ふだんから注意深く観察することがとても大切な事です。

 @部位を舐めたり、盛んに気にし始める食物アレルギーからくる皮膚の痒み
  ↓
 A部位が赤くなり、膨らみが見られたりする
  ↓
 B部位を盛んに掻いたり、噛んだりし始める
  ↓
 C部位の被毛の抜け毛が激しかったり、酷い場合はごっそり脱毛する
  ↓
 D部位が化膿し、膿が出たり出血を伴ったりする


 以上のような症状が段階的に見られたりするので、気になる場合は
 症状が酷くならないうちに早めに獣医さんに相談されることが一番です。


 よく見られるアレルギー症の部位

  お尻のまわり
  体の側面
  足の裏
  目のまわり
  口のまわりや下あご



  食物アレルギーの疑い

 また、食物アレルギーの特徴として外耳炎が繰り返して見られるということがあるようです。
 表面上の皮膚に上記のような兆候がなくとも、外耳炎がなかなか改善しない場合は外耳炎を繰り返す場合は食物アレルギーの疑いもある
 食物アレルギーを疑う必要もあるとのことです。
 外耳炎以外にも
  1歳未満の若い時期から比較的重い症状の皮膚炎がある
  寒い時期に症状が出始める、もしくは、季節に関係なく症状がみられる
  ひどい痒みを伴っており(頻繁に掻いたり、噛んだりする)、
   かゆみ止め(抗ヒスタミン剤やステロイド剤)を処方しても効果が認められない

 などの場合は食物アレルギーの疑いがあるようです。

 食物アレルギーによる兆候や症状は、他の疾病()でも同じようにみられる場合がありますので
 皮膚病の原因が食物アレルギーであると、特定するには検査にも時間が掛かるようです。
 ですが、なかなか改善が見られないときは食べ物が原因である可能性が高いと言えるようです。
 ( ※ 甲状線疾患、ホルモンのバランス崩れ、ノミや白癬、伝染病 など )


  食物アレルギーへの対処

 食物アレルギーであるかどうかを検査する方法もいくつかあるようです。
 中でも信憑性が最も高い診断方法は「食物除去・食誘発試験」とのことです。
 疑わしくは、まずは獣医さんと相談してみることです。

 万が一、愛犬に食物アレルギーがあったとしら、
 まずは、そのアレルゲンを含む食べ物やフードを与えないように注意してあげることです・・・
 口で言うほど簡単ではないと思うかも知れませんが・・・
 その努力なくして食物アレルギーの改善はなし得ません。

 現代の犬は飼い主さん(人間)から与えられる食べ物以外に食を確保する手段がありません。

 食は健康の源です・・・食は犬にとって最も楽しみなひとつであり、
 人間同様、健康を維持するためには犬に必要な栄養バランスを保ち続けることが必要不可欠です。

 幸い、現在ではペットフードも多様化して
 アレルギーのある犬に配慮された低アレルギーのフードも入手しやすくなりました。

 獣医さんと最良の治療法を相談して体質改善などの治療に取り組みましょう・・・
 それが、愛犬に対する愛情の証しではないでしょうか。