犬 ペット用品 よいもん屋 愛犬の理想体重を知ろう

  犬の豆知識 犬の理想体重
 よいもん屋  理想体重を知ろう

 サイトマップ

  愛犬の理想体重を知ろう

 BCS の体型からみる肥満( or 痩せすぎ )のチェック

BCS とは ボディ(B)・コンディション(C)・スコア(S)と呼ばれるもので、
筋肉や皮下脂肪のつき方からペット(動物)の体型を 5 段階 で評価する方法です。

同じ種類の犬・猫でも体格に違いがあるため、標準体重(純血種であればスタンダード
の体重)より重いからといって、すぐに肥満と判定することはできません ・・・

ペットの肥満度はBCSを参考にして、その個体の理想体重(目安)を知った上で、
体型をチェックする方法が有効
といえます。


BCS
上/横 体型図 理想
体重
(%)

脂肪
(%)
肋骨 腰部 体型
(見え方)
1 削痩 ≦85 ≦5 脂肪に覆われず容易に触ることが出来る 脂肪がなく骨格が浮き出ている 上:極端な砂時計型をしている

横:腹部のヘコミが深い
2 体重不足 86〜94 6〜14 ごく薄い脂肪に覆われ容易に触ることが出来る 脂肪はわずかで骨格が浮き出ている 上:顕著な砂時計型をしている

横:腹部にヘコミがある
3 理想体重 95〜106 15〜24 薄い脂肪に覆われ触ることが出来る 薄い脂肪に覆われ、なだらかな輪郭をしており、骨格は触ることができる 上:腰に適度なクビレがある

横:腹部にヘコミがある
4 体重過剰 107〜122 25〜34 脂肪に覆われて触ることが難しい やや厚みがあり、骨格はかろうじて触ることができる 上:腰のクビレはほとんどなく、背面はわずかに横に広がっている

横:腹部のヘコミがほとんどない
5 肥満 123≦ 35≦ 厚い脂肪に覆われ触ることは非常に難しい 厚みがあり、骨格に触ることは非常に難しい 上:腰のクビレはなく、背面は顕著に広がっている

横:腹部は張り出して垂れ下がっている

BCS
上/横 体型図 理想
体重
(%)

脂肪
(%)
肋骨 腰部 体型
(見え方)
1 削痩 ≦85 ≦5 脂肪に覆われず容易に触ることが出来る 容易に触ることが出来る 上:極端な砂時計型をしている

横:腹部のヘコミが深い
2 体重不足 86〜94 6〜14 ごく薄い脂肪に覆われ容易に触ることが出来る 容易に触ることが出来る 上:腰にクビレがある

横:腹部にヘコミがある
3 理想体重 95〜106 15〜24 わずかな脂肪に覆われ触ることが出来る なだらかな隆起を感じられる 上:腰に適度なクビレがある

横:腹部はごく薄い脂肪に覆われている
4 体重過剰 107〜122 25〜34 脂肪に覆われて触ることが難しい やや厚い脂肪に覆われている 上:腰のクビレはほとんどない

横:腹部は丸みを帯び、やや厚い脂肪に覆われている
5 肥満 123≦ 35≦ 厚い脂肪に覆われ触ることは非常に難しい 厚く弾力のある脂肪に覆われている 上:腰にクビレはない

横:腹部は非常に厚い脂肪に覆われている
BCS 参考情報:日本ヒルズコルゲート(株)

理想体重(%)は理想体重100%を基準として、そのBCS段階で理想体重に対して
何%に相当するかを示したパーセント数値(対理想体重(%))です。
例 ) 107% は 理想体重100% より 7%多い(重い)ことを意味します
    86% は 理想体重100% より 14%少ない(軽い)ことを意味します

※ BCSにおける理想体重そのものは 95〜106% とある程度の幅をもたせており
   その範囲内であれば理想体重としています。
 


 愛犬(愛猫)の理想体重を計算してみよう

 肥満ぎみの場合、上のBCS段階表を参考に理想体重の目安を計算してみましょう
 〔 痩せぎみの場合も同様に計算できます 〕

 1.現在の段階としてBCS 4(体重過剰)かBCS 5(肥満)のどちらかを選びます
   〔 痩せぎみの場合はBCS 1(削痩)かBCS 2(体重不足)のどちらか 〕
   各BCSの対理想体重(%)を直接、入力して計算をすることもできます

犬のBCS やせ過ぎ 体重不足 理想体重 体重過剰 太り過ぎ
BCS 1 BCS 2 BCS 3 BCS 4 BCS 5
上/横

体型図
理想体重(%) ≦ 85 86 〜 94 95 〜 106 107 〜 122 123 ≦
係数 ≦ 0.85 0.86 〜 0.94 0.95 〜 1.06 1.07 〜 1.22 1.23 ≦
 ※ 猫も理想体重(%)、係数の数値は同じです

    太っている
   BCS 4(係数 1.15 ):体重過剰
   BCS 5(係数 1.30 ):肥満(太り過ぎ)

    痩せている
   BCS 1(係数 0.78 ):削痩(やせ過ぎ)
   BCS 2(係数 0.90 ):体重不足

   ※ 計算に使用する係数は各BCS の理想体重に対する%平均をもとに設定しています

    任意の対理想体重%を直接、半角数字入力して計算
   対理想体重

   ※ 各BCS の対理想体重(%)を参考に上に示す範囲内の%数値を入力してください


 2.現在の体重をキログラム単位(キロ未満は小数点以下)の半角数字で入力します

   例 ) 7,860グラムの場合 → 7.86 と入力

   現在の体重 Kg


 3.成犬(成猫)の1日当たりの必要なカロリー計算をしたい場合は計算パターン
   を選んでください
   給餌量も同時に計算したいときは100g当たりのキロカロリーを半角数字で入力します
   カロリー計算に使用する体重は ● 計算された理想体重 ● 入力した現在の体重
   どちらを使用するか選ぶことができます

 成犬(目安は12ヶ月齢前後過ぎの犬)
未避妊・未去勢の健康な犬
避妊・去勢済みの健康な犬
高齢犬
肥満傾向にある犬
減量が必要な犬
 成猫(目安は8ヶ月齢〜12ヶ月齢過ぎ)
未避妊・未去勢の健康な猫(若い成猫)
避妊・去勢済みの健康な猫
中高齢期の猫
肥満傾向にある猫
減量が必要な猫
   注 ) 計算された理想体重では「肥満傾向」や「減量が必要」を通常は選びません

    カロリー計算に使用する体重 ( 選ばなければ理想体重を使用します
   計算された理想体重  入力した現在の体重

   フード Kcal/100g ( フード100g当たりキロカロリーがわかる時


 4.計算ボタンを押します  

   理想体重 Kg 前後が目安です
   ↑ 理想体重は小数点第3位以下を四捨五入し小数点第2位まで表示します

   の一日に必要なカロリーの目安
   Kcal
   ↑ 計算パターンを選んでいないときは表示されません

   理想体重 一日のフード給餌量の目安は g です
   ↑ フード100g当たりのKcal の入力がないときは表示されません

 

 理想体重の計算について

BCS を基にした理想体重は以下の計算式で求めることができます。

  理想体重 = 現在の体重 ÷ 該当BCS の係数

係数は各BCS の理想体重に対する対理想体重(%)が目安となります。

例えば BCS 4(体重過剰)は理想体重に対する対理想体重(%)は 107〜122%
ですが、理想体重に近いほど 107%に近く、その場合は 107 を 100 で割った 1.07 が
計算で使用する係数となります。

逆に肥満に近い場合は肥満傾向の強い122%に近く、その中間くらいと判断できるときは
115%とみなし、115 を 100 で割った 1.15 が計算で使用する係数となります。

このように上のBCS段階表で示されている対理想体重(%)の値を参考に愛犬(愛猫)が
どのBCS段階のどちらの状態により近いかを判断して、その対理想体重(%)を計算に
使用することで、より実態に近い理想体重を求めることができます。

→ 上の「任意の対理想体重%を直接入力して計算」をご利用ください


 一日に必要なカロリー計算について

体重管理に欠かせない一日に必要なカロリーとその給餌量の計算ができます ・・・

計算された理想体重をもとに、今、与えているフード(主食)の給餌量を計算して、
日々の給餌量を加減することで体重管理やダイエットに役立てることも可能です。

  計算パターンについて

  このカロリー計算では、理想体重をもとに計算することを前提としていますので
  通常、「未避妊・未去勢」「避妊・去勢済み」「高齢犬」の3つの中から選ぶことになります。
  ( 猫の計算パターンも同様です )

  「肥満傾向」や「減量が必要」の計算パターンは、本来、理想体重を計算する前の
  「現在の体重」をもとに計算するときに使用するパターンです ・・・
  入力した現在の体重をそのまま使用して計算したい場合、
  計算に使用する体重は「入力した現在の体重」を選んでください。

  また、次のような違いがあることにもご留意願います。

  ● 「BCS4(体重過剰)」を選び「入力した現在の体重」をもとに計算された理想体重を使用し
    パターン「避妊・去勢済みの健康な犬」を条件に算出されたカロリー
  ● 「入力した現在の体重」をもとにパターン「肥満傾向にある犬」を選んで算出されたカロリー

  この2つは条件として同等のように思えますが、

  ● 理想体重をもとに通常の健康状態にある計算パターンで算出したカロリー
  ● 現在の体重から肥満状態にある計算パターンを使用して算出したカロリー

  この2つは計算過程における係数が異なってきますのでカロリー数値にも違いが出てきます。

  現在の体重をもとに肥満のパターンを使用すると、カロリーを抑える傾向が強く反映された
  係数となり、理想体重を使用したカロリー計算より少ない傾向のカロリー数値、別の言い方を
  するとダイエットをするためのカロリー数値となります。

  ただし、どのような計算パターンでも計算された数値はあくまでも目安に過ぎません。

  算出された一日に必要なカロリーは市販されているドッグフードの給餌量説明と
  大きく異なる場合もあります ・・・
  そのようなときは、そのドッグフードの給餌説明に従いお与えください。

  − 注 意 −

  市販ドッグフードのパッケージに記載されている給餌説明は、ほとんどが体重(Kg)当たりの
  給餌量となっていますが、通常、給餌説明に記載されている体重は理想体重(適正体重)を
  示しています ( ダイエット用のドッグフードは除きます ) ・・・
  つまり、現在が太り気味の体重であるにもかかわらず、その体重に合わせて
  与えてしまったら太ることを助長するだけです。
  言われてみれば当たり前のことですが、意外と見落としがちな点ですので気をつけましょう。

  そして、市販ドッグフードであっても説明にある給餌量は目安ですので、
  体型や体重の変化など様子を見ながら給餌量の加減をしなければならないのは同じです。


犬(猫)カロリー計算の詳細はお役立ちの道具 犬・猫のカロリー計算 を参照願います。

→ 犬・猫のカロリー計算 ページでは成犬(成猫)以外の計算もできます。