犬 ペット用品 よいもん屋 犬の食事

  犬の豆知識 犬の食事
 よいもん屋  食事

 サイトマップ

  添加物( 保存料 )

毎日、愛犬に与えるドライフードやオヤツ・・・当然、添加物は気になるところです
安心して与えることのできる確かな品質のドライフードやオヤツをシッカリと選んであげるためにも
最低限、知っておきたいことです。

気を付けたい 添加物
BHA
ブチル
ヒドロキシ
アニソール

人間の食品でも使用されている合成酸化防止剤であるが、
人間の食品ではその添加量が規制されている。

アメリカの実験によると膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発するとも言われている。
BHTと併用することで相乗効果が得られる特徴がある。
 
BHT
ブチル
ヒドロキシ
トルエン

人間の食品では使用禁止の合成酸化防止剤です。

膀胱ガンを引き起こすことが報告されている。
その他、肝臓や腎臓の機能障害などの原因となることが報告されている。
 
エトキシキン
ダイオキシン系の化学合成添加物で、食品添加物としては一度も
認められていない物質です。

しかし、ペットフードにおいては規制されておらず使用されることもある。
発ガン性が強く目や皮膚に炎症を起こす危険性があると言われている。
 
プロピレングリコール
保存料であるとともに湿潤剤としても使われる。

猫の赤血球に異常をきたすため、キャットフードには使用されていない。
犬でも皮膚病や下痢などを起こす危険性が指摘されている。

ドイツでは使用が禁止されている添加物です。
 
亜硝酸ナトリウム
合成保存料で缶詰の発色剤としてよく使用されている。
(食品ではハム・ソーセージ類によく添加されている)

しかし、胃腸でニトロソアミンと呼ばれる強力な発ガン性物質に変化する
心配があると言われている。
 
MSG
(グルタミン酸ソーダ)

保存料であるとともに風味を増す化学調味料として使われる。

しかし、神経・生殖器・網膜へのダメージの心配があると言われている。
 
安心といわれるナチュラルな保存料(天然系の酸化防止剤) 一例

  アスコルビン酸(ビタミンC)
  トコフェロール(ビタミンE)
  ミックス・トコフェロール(トコフェロール混合物)
  ローズマリー抽出物
  クエン酸 など


  これらのナチュラルな酸化防止剤を使用しても、
   開封後の保存期間は約1ヶ月前後が目安とのことです。
 
ペットフード 安全法 について

 
平成22年12月2日以降製造分のペットフードについて次の5つの表示が義務化されました。

 ● 名称
   犬用か猫用かわかるように表示する

 ● 賞味期限
   栄養価や風味を保証できる期限です

 ● 原材料名
   添加物も含め、使用している原材料名をすべて記載します

 ● 原産国名
   そのペットフードが製造された国です

 ● 事業者名と住所
   事業者の種別(製造業者、輸入業者、または販売業者)と名称、住所が表示されます

  環境省のホームページへリンクしています  ( 別ページで開きます )
PET FOOD 知って納得 ペットフードの表示
 
【 平成23年2月発行 】 PDFファイル

「知って納得!ペットフードの表示」

ペットフードの安全性については何かと物議をかもして
いましたが、これらの表示義務化により市販ペットフードの
食の安全性も一歩、前進しました。

でも、表示されていることが何のことか判らなくては、
あまり意味がありません ・・・
添加物や原材料名については特に注意を払って、
愛するペットの替わりに飼い主さんがチェックしてあげましょう。

※ PDFファイルの閲覧/印刷ソフトは
   こちらから無料で入手できます → 
ペットフード安全法のあらまし

【 平成22年3月発行 】 PDFファイル

「ペットフード安全法のあらまし」

ペットフード安全法の制定に至るまでの経緯や
添加物の上限値など知っておくと役に立つ情報が
記載されています。

 



 犬の食事(フード)

犬は完全な肉食動物ではなく、雑食性の動物といわれています。

はるか昔しから人間と共に暮らしている間に人間から与えられる食事が影響して、
食習慣が肉食から雑食性に変化したとのことです。

現代の犬は与える食事が肉類のみだと栄養バランスがくずれ、健康を害する恐れがあります。

犬の食事(フード)の栄養割合 【 おおよその目安としての参考割合 】
タンパク質
(内脂肪分)
60%
(15〜30%)

 必要な栄養素は基本的に人間と同じ

三大栄養素:タンパク質、脂肪(脂質)、炭水化物
微量のビタミン、ミネラル
水分 ( 犬の体の約70%は水分 )


参考情報

 消化酵素であるアミラーゼが唾液中に分泌されない
 犬(猫)にとって、穀類に含まれる複合炭水化物は
 分解されずに消化器官に流し込まれることになり、 
 もともと穀類を食するような体の構成になっておらず、
 穀類は不要であるという見方もあるようです。

 犬にとって穀類に含まれる炭水化物(でんぷん)は
 血糖値に悪影響を与え、脂肪として体内に貯蓄され
 やすく肥満や糖尿病などの原因となりやすい ・・・
 ( 穀類の主成分、炭水化物は犬の体内でブドウ糖に
 変化し、その糖分は食品に含まれる脂肪分と結びつき
 結果、皮下脂肪や中性脂肪として体内に蓄積される
 )
 ・・・ との専門家(獣医)の意見もあるとのことです。

 その意見からすると、現代でも
 本来、肉食の体質である犬(猫)にとっては

 タンパク質 70%
 野菜(フルーツも含む) 30%

 とするのが理想的であるとしています。

 左の割合も高たんぱく低炭水化物という考え方は
 一緒ですが、この意見からすると
 犬や猫に穀類は与えなくとも必要かつ十分な栄養を
 摂ることができるということになります。

 割合に関しては、どちらが好ましい(正しい)・・・とは
 一概にはいえないものと思いますが、
 少なくとも穀類に関しては、
 左で示す割合以上に与える必要はない、あるいは
 出来るだけ控えた方がよいのは間違いなさそうです。


 これは穀類に含まれる炭水化物を分解するための
 アミラーゼ(消化酵素)が直接関係してくる手作り食に、
 より強く言えることかもしれません。

 市販されているドライフード(ドッグフード)の中には
 穀類や野菜ベースのものも珍しくありません。

 これらのドッグフードは犬が消化しやすいように
 加工されているものとは思いますが・・・
 ドッグフードの素材としてどんな原材料が使用されて
 いるのかをよく確認して、穀類の割合が多いものほど
 注意すべき
という点につながるものと思います。

 原材料として穀類の割合が多く品質が粗悪なものほど、
 犬にとっては消化効率が劣り、消化されずにフンとして
 排泄されてしまう(フンの量も多くなる)ことを意味します。

 ただし、健康管理上、動物性タンパク質を控える必要
 があるダイエット用やシニア用などで、良質な穀類を
 原材料として消化に優れた加工が施されているものは
 その割合も違ってきますので、やはり一概にはいえない
 ものと思います。
 
野菜 25%
炭水化物
穀類・その他
    15%


※  穀類からの
   炭水化物の
   摂取は控える
   べきという
   見方もあり

 − 市販ドッグフードについて −

 市販のドッグフードについて、最近はその種類も多様化し、有害添加物の有無が問われ、
 素材重視のものが多く出回るようになりました。

 愛犬にとって良い物を選ぶ選択肢が増えたことは喜ばしいことだと思います。

 しかし、その豊富さゆえに選ぶのに迷ってしまうことも多々あります。

 天然素材、無添加であることは好ましいことであると思います、気を付けて欲しいのは
 天然素材、無添加のドッグフードであったとしても、それがすべての犬にベストマッチ
 とは言えないことです。

 犬には個体差があります、同じ犬種でも体質に違いがあり、
 時には食物アレルギーがある犬だっています。

 このフードは、無添加の天然素材ベースのフードだから良いに違いない・・・と思うのは
 当然のことです、だからといって、そのフードが愛犬にも良いとは一概に言えないのです。
 良いということと、愛犬(の体質)に合うこととは別です。

 食いつきの良さ、便の状態(軟便や下痢は要注意)、毛艶など健康状態をよく観察して、
 本当に愛犬に合ったフードを選んで(あるいは手作り)あげましょう。

 このフードは素材は良いのだからといって、軟便や下痢が一向に改善しないようでしたら
 そのフードはその犬には合わない可能性が大です、無理やり、与え続けることは避けましょう。
 ● フードの切換え時に短期間の軟便(や下痢)症状が出るのは珍しいことではないようです
 ● フードにより以前よりも多少、便が軟らかくなる(あるいは硬くなる)こともあるようです

 ちなみに、主食としている市販フードを他の銘柄に切り換えるときは、
 最低でも2週間位かけて今までのフードに新しいフードを徐々に増やしながら
 混ぜて与えるようにしましょう。
 いきなり、新しいフードに切り換えるのは禁物です、下痢などを誘発します。

 


食事(フード) 食材の一例 【 手作り食や生食(ローフード)に向く食材 】

タンパク質
+ 脂肪




 

 牛肉 羊肉 鶏肉

 内臓類(牛の心臓 鶏の内臓 鶏レバー 子牛のレバー)

 生骨 新鮮な魚(淡水魚は避ける
淡水魚にはビタミンB1を分解する酵素が多量に含まれている・・・
   ビタミンB1が分解されてしまい「チアミン欠乏症状」(食欲不振、
   運動失調、平行失調など)を引き起こす恐れがあるとのこと。

 大豆 納豆 豆腐

 生卵
卵は生で与えるときは卵白のみは避け、卵黄も一緒に与える・・・
   生卵の卵白には「アビシン」という成分があり、ビタミンB群のビオチンと
   結合し、「ビオチン」の吸収が低下して、皮膚炎などを起こす原因となる
   ・・・そのため、生で与える場合は卵黄と混ぜるか、卵白を加熱処理して
   与えると大丈夫
とされる。
 
炭水化物
・ナッツ類




 米 玄米 雑穀類 大麦
小麦、トウモロコシはアレルギーの原因となることもある、
   避けたほうが良いとされます。

 さつまいも ゴマ アーモンド クルミ
マカデミアナッツは解明されていない部分があるものの、
   犬にとって毒性があるため、与えない方が良いとされます

 ひまわりの種 かぼちゃの種
 
野菜




 にんじん ピーマン きゅうり えんどう豆 ブロッコリー
 オクラ パセリ セロリ かぶ 大根 キャベツ かぼちゃ
 さつまいも じゃがいも カリフラワー 各種スプラウト
 ケール ハーブ類 しょうが ニンニク(

犬は野菜のセルロース(細胞壁)を分解して消化することができない

   調理せずに野菜をそのまま与えても栄養を吸収することができない
   野菜を与える場合は基本的にミキサーでペースト状にしたり、ゆがく、
   蒸すなど火を通してセルロースを壊した状態のものを与えること。

 ニンニクについて

   ニンニクはネギ類にあたるため、与えてはいけないといわれることもあります。

   それは必要以上に大量に与える場合であって、
   少量を細かく切り刻んで炒めるなどして食事に混ぜると、
   食欲を誘う、消化を助ける、などの効果があるともいわれています。

   しかし、ニンニクの是非は獣医さんによっても意見はマチマチのようです。
   ニンニクを与える場合は、犬の様子をシッカリと確認しながら自己責任の
   もとでお与えくださるようお願いいたします。
  
くだもの




食材というよりも、おやつとして与えるのに適しています。

 リンゴ バナナ モモ プラム マンゴー ブルーベリー スイカ ナシ

注意する「くだもの」

   ブドウ レーズン(干しブドウ)

     アメリカの調査機関によると
     臨床結果で犬猫には有害性が認められている。

     しかし、因果関係は解明されておらず、
     同じ摂取量でも症状が出る犬、まったく出ない犬がいるとのこと

   アボカド

     ペルジンという成分が犬や猫には毒性があるという。
     ペルジンは果実、葉、種子、樹皮に含まれおり、
     全体的に注意をする必要がありそうです。

     ただし、多量に摂取したときに発症するとされており、
     過度に与えなければ大丈夫のようです。

     果実自体は栄養価が高く、犬の食材として薦める書物もあり、
     アボカドをベースにした犬の食用加工品なども市販されています。

     市販されている犬用の食品は毒性を取り除く加工がなされており
     安心して与えることができるとのことです。
 
補助食品
(サプリメント)


サプリメントは粉末状のものが好ましく食事と一緒のほうが与えやすい
といわれています。 ( あくまで犬それぞれですので一般的にです )

ここでいう補助食品(サプリメント)は犬用のものです。
人間用と犬用とではその調合が異なり、
人間用を犬に対して与えると摂取バランスが崩れ有害となる恐れがあります。

 有機リンゴ酢 消化酵素 プロバイオティクス
 その他の抗酸化の効能が期待できるサプリメント など

消化酵素

   野菜の消化が苦手な犬にとっては、野菜の消化吸収を助けるという。

プロバイオティクス(probiotics)

   腸内の細菌のバランスを改善する微生物を意味し、
   免疫力を高める効果が期待できるという。

抗酸化

   老化の原因のひとつとされる活性酸素を取りのぞくことで
   老化の進行を抑制することを意味します。
 


 犬の手作りごはん 参考サイト

● wanchef.com へ リンクしています


わんわんシェフ見習い中
 
● 犬の手作りごはんレシピ

手作りごはんに関心がある飼い主さんは、
ぜひ、ご覧になってみてください。

手軽な手作りごはんレシピが満載です。



  ペットフード 参考情報

● 環境省のホームページへリンクしています


環境省へリンク 飼い主のためのペットフード・ガイドライン〜犬・猫の健康を守るために〜

   「飼い主のためのペットフード・ガイドライン
         〜犬・猫の健康を守るために〜」

 

● PDFファイル

  飼い主のためのペットフード・ガイドライン


● 動画ファイル

  ペットフードの食べ方/与え方編
  ダイジェスト版
  日頃の体調管理編
  避けたい食材、注意が必要な食材編

  など

わんこ・にゃんこの飼い主さんは、ぜひ、
ご覧になってみてください。