スウェーデン国旗 スウェーデン生まれの知育玩具 ニーナオットソン

 「1日15分、ワンちゃんと向き合う時間を作ってみませんか?」
 というコンセプトのもと、ニーナオットソンの知育玩具は生まれました。


ドッグスマートL
¥ 7,600

ドッグボックス
¥ 8,400

ドッグターボ
¥ 8,400

ドッグトリガー
¥ 8,400



 
 ニーナオットソン 元に戻す
 

  遊ぶイメージを動画でチェック

   実際の行動はそのワンコによります・・・
   オモチャに慣れてくるに従い遊ぶ様子も動画のイメージに近づくものと思います。



   ドッグスピニー 遊ぶイメージ
 
  ● 上部の回転板の下にはオヤツを隠す穴が均等に配置されています。
  ● あらかじめオヤツを隠す → 愛犬は嗅覚を使って隠されたオヤツを探す
    → 回転板を回すとオヤツがでてくるということを学習させます。
    小型〜大型犬まで遊べる一番簡単なタイプのオモチャです。
  ● サイズ:本体直径28cm×高さ3cm
  ● 重量:約1050g
  ● 難易度: ( 目安です )

  ドッグスピニー以外の知育玩具の説明はこちらのページに記載しています ↓

  ニーナオットソン 他の説明付き動画 ここからすべてご覧になれます
       ※ 全ての動画を 1ページ にまとめており、別ページで開きます。

  ニーナオットソン ( Nina Ottosson ) について

   ニーナオットソンは人の名前、スウェーデン在住の女性で犬の教育玩具発明家です。
   1989年にスウェーデン発明大賞(女性部門)を受賞しています。
   彼女の開発した犬の玩具は、食べ物を玩具の所定のところに隠し、隠した食べ物を
   犬に鼻を使わせ探させる、というコンセプトに基づいて制作されています。
   彼女はZOO・ACTIVEという会社を設立し、現在もペット・アイデア企業家として活躍中です。
   今やインターナショナルな規模となったニーナオットソンの玩具です。
   イギリスの著名な臨床動物学者であるロジャー・マグフォードなど「犬の心理学者」によって
   セラピーアイテムとしても支持推奨され、現在ではアメリカ、日本のペットマーケットに
   登場するに至っています。


  知育ゲームって ワンコも意外と疲れる!

   脳を刺激するゲームはワンコにとっても消費するカロリーが高くなるといわれています。
    ・・・ あまり長い時間、遊ぶことは避けましょう、15分 〜 30分 が適当のようです。
   また、興味を示さなくなったら次にも記載していますが、早々と切り上げましょう、
   別のゲームに変えたり、休憩をとってあげることもワンコにとっては大事なポイントです。

  無理強いは禁物、ワンコだって気分がのらないときもアル!

   興味を示さない、あるいは遊んでいる途中で興味を示さなくなったら無理強いをせずにやめましょう。
   時間を空けるなり、別の日にチャレンジするようにしましょう。
   興味がないのに無理に強要してもワンコは喜びません、むしろ遊びが遊びではなくなり、
   そのワンコにとって、そのオモチャは遊びの対象でなくなってしまう(以後、遊ばない)恐れもあります。